キッズライン社長 経沢香保子 blog

Tag経沢


私は、「120歳まで生きる人生計画」で考えてます。

そういうと、すごく驚かれることが多いのですが、医学や健康方法がこれだけ発達しているのだから、人の寿命は伸びそうだし、

また、自分の性格からして長生きしそうだと思っているので(苦笑)

==

先日(いまさらですが)ふと手に取った本『LIFE SHIFT 』には、まさにまさにまさに、このことが書いてあり、

2007年に生まれた子供の平均寿命は105歳を超えるって書いてありました!

まさに、人生100年時代で計画立てていきていこう、みたいな。

頷ける箇所が、私もそうそう、そんなこと意識してるっていうのが多くて、




私が、120歳まで生きるために大事にしていることは、

人間関係の計画(本当に大切な人と大切に過ごす愛がある人生)
健康の計画(いつまでも、心身、脳が若くあるように運動と食事の計画)
チャレンジの計画(常に新しい知識や体験を身につけ、社会に役立つ価値を提供し続けれるよう、自分を磨くこと)

です。

そういう意味で、当時を思い出すと大変だったけれども、
全てを捨てて、ゼロから、新しい事業、2回目の起業、社会を変えるための仕事に挑戦したことはよかったなーと改めて思うのです。

時折、方向性がずれてるなとか、思ってると違うと思った時の、
人生の抜本的改革は、ショートカットするためにも必要だと思うのです。

そして、そして、改めてその通りだと持ったのは「評判が人生の資産」という箇所でした。

他人の評価を気にすること振り回されることはよくないし、まったく気にならない方ですが、同時に、人を不快にさせたり、周囲を裏切ったり、損をさせたりは絶対嫌だと思っていましたが、

自分の評価=自分の行動

一瞬誤解が生まれたとしても、結局そこに落ち着いてくると書いてあり、腑に落ちました。

そして、ソーシャル時代だからこそ、常日頃からの発言、発信は「心あるもの、愛ある言葉」であろうと。


そういえば、以前こんな対談も

「誰かのいいねが資産になる」
http://logmi.jp/198157

54


いつも、まだまだ人生3分の1だし、焦らず、コツコツ、強い基盤の自分を作っていこうと改めて思ってます。

このタイミングでこの本に出会えてよかったです。

LIFE SHIFT(ライフ・シフト)
リンダ グラットン
東洋経済新報社
2016-10-21




子供達には幸せに長くいきてほしいから、そして、それを育てるママたちも幸せにいきてほしいと思うから

みんなの病児あんしん解決
https://kidsline.me/information/byouji

6月中無料で病児シッターを提供する活動をしています。


今日は、こんなリリースをだしました。キッズラインでは最近「作り置き料理」「直ぐに泣き止ませる神業シッターさん」大人気です。

↓ ↓

https://t.co/6ZJD2HfcCu
35

https://kidsline.me/information/byouji

現在キッズラインでは、以下2職種を募集しております。

①企画運営職
②カスタマーサポート


どちらの職種も共通して、以下のような想いを持った人と一緒に働きたい!と思っています。

・熱い想いを持ったベンチャーで一緒に事業を前に進めたい。
・これまでのスキルを生かして、少人数の会社で力を発揮したい。
・自己成長のためにも、スピード感のある環境で仕事をしたい。


是非あなたのスキルや想いを、メディアでも話題のキッズラインで活かして働きませんか?09f0d522-s


▼私たちが目指していること


メディアをにぎわす、女性の活躍と、育児や保育園の問題。

すでにベビーシッターが広まっているアメリカやシンガポールでは、同様の悩みが少ないのですが、

日本ではまだ多くの人がどうやって活用していいかわからないと思っているのが実情です。

そんな中で、社会の課題と向き合い、
多くの女性にとってもっと過ごしやすい環境を作っていく事に挑戦しています。

まずはベビーシッター文化を作ること。

そんな熱い想いを持って集まったスタッフが、毎日頑張っています!


当社サービス:https://kidsline.me/


52



▼お仕事詳細

【 ①企画運営職 】
★第二新卒歓迎!企画未経験者の方もおまちしております。

■業務内容
 ・利用者、ベビーシッター増加に関する企画運営
 ・外部企業との連携
 ・問い合わせ対応  など
(※配属部門は経験とスキルによるため、企画運営職全般となります。詳細は面談の際にお話しできればと思います。)

■一緒に考え実行していきたいこと
・ベビーシッターとして働く人を増やすには?
・既に活躍頂いているベビーシッターの皆さんの為に働きやすい環境を作るには?
・キッズラインの利用者をより多くの方に使っていただくには?
・もっと業務の生産性を上げるための、効率的な手段は?

などを一緒に考えていければと思います。

元人材系、元金融系等のスタッフが活躍しているチームです。
少人数のベンチャーのため、もちろん地道にコツコツ積み重ねる業務もありますが、
「走りながら考える」「誰でもなく自分がやる」
そんなはやいスピードで、自分の仕事の会社への影響を感じながら働くことができます。

第二新卒の方、企画未経験の方、男女不問です。
是非あなたの経験やスキルを活かして活躍しませんか?


【 ②カスタマーサポート 】
★カスタマーサポート経験者歓迎!

■業務内容
 ・お客様のメール、電話対応
 ・サポートセンターの運営業務 など

※カスタマーサポート詳細
「よくあるご質問」がかなり充実しているので多くのユーザーの方が、即時に解決できるようになっています。
その為、お電話による問い合わせというのは少ない方かと思います。

慣れてきたら、以下のようなことにも力を貸していただきたいと思っています。

■一緒に考え実行していきたいこと
・お客様からの問い合わせにもっとスムーズに応対していくには?
・お客様にとって「安心」できるサポートセンターを構築していくことには?
・システム改善や「よくある質問」の進化で対応できる問い合わせはない?

などを一緒に考えていければと思います。

何よりも、大事にしたいのは、
「忙しいママたちのためにも、電話より早く、瞬時に、分かりやすく、いつでもどこでも解決できる」

そんなサポートセンターであることです。

キッズラインのサポートセンターは、
ユーザーの満足度とサービスの未来を左右する重要な入り口です。
ぜひ、CS、カスタマーサポートの腕に覚えのある方、
一緒に、最高のカスタマーサポートをつくりませんか?

=============================================================
【仕事詳細】

★6月〜7月頃から勤務可能な方を歓迎します。

■勤務時間
10:00~19:00

■勤務地
東京都港区六本木オフィス 
(六本木駅徒歩5分)

■待遇

雇用形態:正社員、契約社員、アルバイト
※第二新卒も大歓迎!
※スキルやご経験に合わせてご相談となります。
※アルバイトの場合は、時給1,000~1,500円程度が目安となります。(交通費支給)
※希望の待遇を、必ず応募フォームにお書きください。

■応募方法

上記から応募職種「その他」を選択し、自由回答欄に
「企画運営職」「カスタマーサポート」とお書きの上、ご応募くださいませ。
ご不安な点、聞きたいことなどありましたら(5)にご記入ください。

(1)応募した理由、貢献できそうなこと 
(2)簡単な学歴および経歴
(3)経歴の中で、事務的な業務経験があれば具体的に
(4)勤務開始可能日と時間帯 
(5)希望事項など(待遇ほか)が何かございましたら
エントリーいただいた後は、必ずメールでご連絡致します。 

=============================================================

09

 

是非素敵な仲間になってくれる人をお待ちしております!


こんな気持ちで起業しました!



キッズラインの起業ヒストリー本はKindle読み放題もしくは99円で!





直近で開催が決定されている2つの講演についてお知らせさせていただきます。

まずは日本一の起業家コミュニティのパッションリーダーにお招き頂きました。

ここは凄いです! ネットワークもできるだけではなく、過去の講演者も凄いです。

今回、4年ぶりに呼んでいただき、自ら上場した会社を退任して、苦悩しながらも2回目の起業に向けて再起し、現在の取り組みや今後の展開について、あの近藤さんと対談します!


私の講演のみならず、起業家の方は素晴らしいネットワークや出会いもあると思うので、ぜひ、奮ってご参加下さい。

===

以下はどちらかというと女性向けかな。無料で参加できるトークショーです。

6月21日です。


会場でみなさまにお会いできるのを楽しみにしています!



キッズラインでは、吉野家のような「早い、うまい、安い」を、ベビーシッターでも再現できないかということで、アプリやサイトのUIなど工夫していますが、

何よりも大切なのは、シッターさんの登録クオリティ

というわけで、

キッズラインのシッターさんが登録するまでには、

応募→説明会&研修への参加→面接(合否判定)→現場で実地テスト(合否判定)→自治体登録→デビューという結構ながい流れになります。

(育児経験のない女子大生は筆記試験も)
(登録後も、レビュー監視や、ミステリーショッパーなどで継続的に品質向上を目指しています)


そのなかで、大きな役割を担ってくれている、現場で、実際に実地テストと指導してくれるのが「ママトレーナーさん」

2017-04-20-18-34-40


昨日は、いつもお世話になっているママトレーナーさんたちのなかから一部メンバーが集まって情報共有やミーティング

2017-04-20-18-33-28

秘伝のタレのような、現場でのシッターさんへのアドバイス方法などを共有したり(^∀^)

2017-04-20-18-34-05

ママトレさんは、実際にお子さんがいらっしゃり、キッズラインの事業に共感してくださって、在宅で手伝ってくださっています。

2017-04-20-18-31-31


まさに、キッズラインは、愛あるママトレーナーさんの存在によって助けられているのです。

ぜひぜひ、ピンと来た方は、ご協力下さい。

全国で在宅で出来るママトレーナーさんを募集しています!
■ママトレ応募フォーム
https://kidsline.me/information/trainer-recruitment


キッズラインは大阪でも人気です!

キッズラインを使ってみたい方は、ぜひ、以下ご利用下さいね!

シッターとして好きな時間に子供と向き合う仕事をしてみたい方はこちら






今日ネットサーフィンしていたら、とても待望していた、そして懐かしい
なんと、4年前の対談記事を発見!

10

ファンドマネージャの藤野さんが大好きで、その投資に対する考え方を尊敬していて、

頑張って、頑張って、頑張って、なんとか一つの成果をだし、
対談させていただいたときは本当に本当に嬉しかったです。

対談の際、当時の経営していた会社を振り返って

「ほんとしぶといな〜と思ってましたよ」といっていただいたり、いろいろと心にエネルギーを注入していただいたのです。


そのときの記事は、cakesに。

私の、生まれ育ちの話から、リクルートや楽天での話や展望などを私が話していますが、
藤野さんが楽天を訪問したときのエピソードもとっても面白かったです。




そして、実は、私は、前職退任後、とても悩んでいる時期に、藤野さんにお会いしにいったことがあるのです。

絶望だった私に、光を見せてくださった言葉、そのときに頂いたアドバイス。

そして、その後もあせったとき電話でいただいたコメントなど、すごく心に響いていています。

いまのキッズラインを頑張って、あのときのアドバイスや、あのときの応援を、いつか恩返ししたいと、奮起の材料の一つにしています。


このような投資家の方がもっともっと存在感を増すようになったら、社会はもっと素敵に輝くような気がしています。

藤野さんの本はほとんどすべて読ませていただいていますが、特に大好きな本は以下です。







藤野さんのツイッター

30
https://twitter.com/fu4

キッズラインもとてもとてもよい会社にしていきたいと、読み返して、当時の気持ちを思い出して、改めて思いました。

藤野さん、いつもありがとうございます!

↑このページのトップへ