キッズライン社長 経沢香保子 blog

Tag経沢香保子


ツイッターで以下、つぶやいたら、すごく多くの方が共感してくださったようでした。


楽天時代に「金がないなら知恵を出せ!」的なことは三木谷さんがよくおっしゃっていて、社内でも常識でした。

しかも、それは会社が儲かってからでもです。

たとえば、(あくまで弊社の場合ですが)新規のお客さまがもっとほしいからといって「広告出しましょう」というのは、私はあまり本質ではないと思っていて、その予算があるのであれば、「体験してもらう」ほうが、会社にとっても、お客様にとっても、広告費にじゃぶじゃぶつかうよりはいいのではないか、など。


その方法を無限に思いつくかどうか。思いつく人はもっともっと上に行ける可能性を秘めている。


それは、仕事に限らず、人生も一緒で、「仕事ができる女はモテない」「育児と仕事は両立できない」など、一見ほんとっぽいことに縛られてしまうと人生は楽しくない。



人生がうまく行っている人は「どうやったらもっとうまくいくんだろう」と常に考えている人で、
人生があまりうまくいかない人は「なんでうまく行かないんだろう」と、うまく行かない理由ばかりに集中して考えてしまうんだともう。それはもったいない。


なんで、モテないんだろうっていってしまえば、親もモテなかったとか、体型がイマイチだからダメなんだ、積極性がないからダメなんだとか、ダメ出しの連続になり、絶望につながるけど


どうやったらモテるんだろう、って考えれば、明るい表情にしてみたり、積極的に話しかけて見たり、いろいろとやってみることで、さらに希望の光が見えるものだと思います。


というわけで、おそらく日本一モテる男と明日対談します。
ビジネスでも、パートナーとしてでも、あなたが選ばれる方法を、初代バチェラーと私が対談いたします。

明日夜です!

http://peatix.com/event/287325

01







私は人生で、どっちの道を選ぶか迷った時に、あえて遠くを見るということをします。
遠くというのは、たとえば、自分の3年後とか5年後とか、理想の状態をイメージして、
その状態を達成している自分なら、いま、どっちの道を選ぶんだろうかという視点。

最高の人生を生きる時、最高の会社を作る時、果たしていま、私が立ってる、その分かれ道は、どっちに進むべきなのか?

進もうとしている道は、本質的なのか? 知性的なのか? 長期的によいものとなるのか?
短期的、享楽的、見栄みたいなものに流されてないのか。

今回は、久々にアナログに書き込み式の手帳まで用意して、具体的にイメージしていった。

===

そんな中でちょうど読み始めた、話題の新刊、岡島悦子さんの『40歳が社長になる日』

image

もう、勉強になることばかりで、イスピレーションが湧くことばかりで、手帳にメモしまくりで、おせっかいにも、Twitterにメモリすぎて。






















あまりにも呟くので、関係者に怒られるかと思いきや、な、な、ななんと! 著者の悦子さんからは、

00

そして、箕輪さんも「やりましょう!」といってくださったので、絶対に実現します。女性起業家サロンのメンバーめっちゃ喜ぶだろうな。悦子さんの女性が活躍するための理論、私もすごく共感するので、いろいろと教えていただきたいと思っていたところでした。願いって叶うんですね。悦子さん、箕輪さん、ありがとうございます!

本当に、脳みそをぐぐっと広げてくれる、素晴らしい本でした。





✳︎ツイートの途中で、40歳が社長になる日が正しいのに、時折「40歳で」となってしまいまして、大変申し訳ございませんでした。お詫びして訂正いたします。





一生懸命勉強をして、いい学校に行って、大企業に入る。という昭和の成功の方程式みたいなのって、崩壊しつつあると思う。受験で養われるちからの大半は、「我慢力」な気がするし、「我慢力」が差別化になる仕事も、世の中が便利になっていけばいくほどどんどん減っていくかと。

経済成長が今までのやり方では伸ばせない時代には、新しい発想や、競争よりも、人との協力が欠かせない。

だから、むしろ、好きなことをみつけて、一生懸命夢中になってるうち、仕事だかなんだかわからない感じで楽しんでると、人を巻き込んでうまく行った! 的な人が増えていると思う。

そういう人は、周囲の協力に対して感謝の気持ちがあるから人気だったり、「いやいや、ただ、好きなことやらせてもらってるだけなので」という謙虚さで人望も集めるし、何よりも本当に好きなことやってるからストレスがたまらず周囲に優しい、という、よい連鎖になっているような気がする。

最近だとよくお会いする家入一真さんとかがまさにそうなのかも。

世間体とか、過去のやり方とかに縛られていると時代の進化に追いつけないのが現代社会なのかもしれない。

育児とか仕事とかまさにそうだな、と。


我慢してやってる人は辛そうだし、辛いのを我慢してるから周囲にも同じ我慢を求めてしまったり、よくない場合はストレスを弱者に向けてしまうのだと思う。

もっともっとみんな社会の便利さを享受して、ありがたく思って、好きなことをやれたらいいのにな。「それぞれが好きなことで暮らせる社会」にしていきたいと思います。

まず、私たちは育児の我慢を減らしたいし、育児のプロが輝く社会にしたい。


こういうの凄く嬉しいです。


そして、とはいえ、そんなに言われても、我慢しなくていいって言われても、本当にいいの? どうしていいかわからない、きっかけもないし、、、というママのために、まず週1回は自由に過ごしてほしいと思っていて、

#ママのノー残業デー

という活動をしています。

14

これは、日本の未来である子供達を一生懸命育ててくれる、ママたちに感謝の気持を込めて、週に1回自由な時間を過ごしてほしい。そのために、1ヶ月分のシッター代金をみんながプレゼントしますよ!という活動です。

この活動に協賛して、寄付してくださった方がたくさんいらっしゃいます。

あの、本田健さん

image

そして、キャンプファイヤーの生みの親である、家入一真さんと、ネット業界で活躍しイクメンでもあるけんすうさん

2017-07-25-14-45-13

さらに、小学校4年生の学力から一気に慶応現役合格した、ビリギャルの小林さやかちゃんと、その師匠である坪井先生

2017-08-02-13-28-31



一緒に動画もとってみた!



吉田ではなく、本田のような、日本一の会社をめざし、働き方革命を推進する、クラウドワークスの吉田社長も

2017-07-28-11-12-37


みなさんのおかげで、開始10日ほどで、なんとなんと100万円のママへの応援の気持ちがあつまりました!

みてください!!! 本当にありがとうございます!!!

13


この集まったお金を、順次、50世帯のご家庭に「#ママのノー残業デー」を導入する活動をキッズラインでは始めてきます。

目標金額300万円で、引き続き、150世帯のご家庭をハッピーにすべくこれからも活動してまいります。

どうぞ、みなさんも参加してください。

■みんなで作る #ママのノー残業デー
https://camp-fire.jp/projects/view/36374



もし、もし、もし、上記に参加できないとしても、以下の動画だけは、すぐ終わりますので、ぜひぜひ見てほしいです。世界中が心ふるえた2千万回以上も再生された「世界で一番大変な仕事」



私たちキッズランは、今後もさまざまな活動を通じて、日本をもっともっとハッピーに、子供とママの笑顔を増やして行きます。どうぞ、これからも引き続き応援してください。


==ご協力いただいた方の素晴らしい著書を一部紹介させてください。

■本田健さんの新刊。めちゃくちゃよかたです。インスピレーション湧き上がる本です。

決めた未来しか実現しない
本田 健
サンマーク出版
2015-11-26


■都知事選のくだりは、心が震えます。



■こんなママになりたいって心震えます。



ぜひ、映画でも見てほしいと思います。






久々に恋愛コラムを書きました



別れ際に人間性が出るとはよくいいますよね。

恋愛は愛憎劇に、泥沼になりやすいものです。だからこそ、リベンジなどがおこるのかもしれません。

でも、だからこそ、理想論かもしれないけれども、心がけたいことがあると思っています。次に美しくステップアップするために。

お互いへの怒りや攻撃は何も生まないけれども、お互いへの感謝や思いやりは、新しい何かを産むはず。

自分自身過去大切にしてくれたパートナーへの感謝の気持ちも含めて、心を込めて書いて見ました。

↓   ↓

34

https://p-dress.jp/articles/4197


ツイートを拝見させていただくと、賛否両論のようです。

みなさんはどう思いますか? 別れ際にこそ強い意志、まずは、無理やりでも感謝がもてたなら、大人になれるのかなと思います。


ちなみに、ちょっと前の記事ですが、恋愛系、こちらもよろしければご覧ください。

08
https://t.co/2Eh53XrDp5


そして、恋愛はビジネスにもつながる?!こちらのイベントでもお待ちしています。







パートナーシップの悩みって本当に多いですよね。いろんな経験があるからか(?)よく相談もされます。


そんなとき、先日本田健さんと対談させていただいたとき、

本田健さんも参加のプロジェクト
http://kahoko.blog.jp/archives/1067026766.html

本当にたくさんのお土産を頂いたのですが、しかも、その後会社にお花までいただいて(涙)

18

私は頂いた本のなかで、女性の方がぜひ読んでほしいなと思う、勝手に「女性3部作」と心の中で名づけているのがこちら

image

私自身は、女性の幸せは「美と仕事とパートナーシップ」とずっと唱え続けていて、

・自分らしい美しさ
・社会とつながる自分らしい仕事
・ありのままの自分でいられるパートナーシップ(家族)

という3つを「自分らしいスタイルで」味わえることが幸せであると考えています。

まだまだ、上手に伝えきれてないなーと思う中で、上記の本田健さんの3部作には、しっかりと、具体的、そして、広い視野で書かれていました。


女性が、それぞれの世代ですべきこと、意識することなどが、20代、30代、40代ばかりではなく、50代、60代、70代、80代まで書かれていて、

ついつい自分の年齢の周囲で考えてしまいがちなところの視野も広げてくださって、

そして、女性が向き合うのが苦手な「お金」の考え方、貯め方、運用について
さらに、人生を左右される「パートナーシップ」「パートナー選び」のことが丁寧に描かれています。







お金のことや、パートナーシップを最高にしたい、賢く生きたいと思う女性が読むべき3部作だな〜と思いました。

===

私も、最近、改めて人生のビジョンや、今後の夢を考えたとき、いままで苦手だった、というか、自分はなんとかなるとおもってきた、なんとかそれなりにできていた男性との関係について、本格的に「パートナーシップ」という視座にあげて学び始めないといけないなと思うようになりました。

自分の人生の夢を達成する時、さまざまなものが最高の状態であるべきだなと、仕事だけではなく、ライフスタイル全般もきちんとビジョンを描こうという意欲が湧いてきました。

本当にパートナーの存在、(もちろん不在でも、自分自身がパートナーだと思うのでそれでいいのですが)一番そばにいる人との関係が、周囲との人間関係が、自分に与える影響って大きいですよね。

上記と、直接の関係ではないのですが、今日の夕方配信されるコラムは、久々に「恋愛系」です。



===
いま、頑張ってるクラウドファンディングは家族の問題を解決できればいいなと思いっています。






↑このページのトップへ