キッズライン社長 経沢香保子 blog

Tag経沢香保子

最近、反抗期がない子供が約半数で増加傾向という記事を読んで、

「半数」が多いのか少ないのか、最初は、あまりピンとこなかったです。

なぜなら、私が反抗期がないまま育って今に至るからです。

===

私の場合は、反抗期に、決して反抗する心がなかった訳ではありませんでした。

「あれしたい!」「これしたい!」「父親のこの意見は理不尽だと思う!」

そんな思いは強く強く、本当に強くありました。

でも、あまりにも厳格な家庭で、ルールが明確な家に育ったので、反抗心をだしても無駄だといち早く悟りすぎて、反抗期にもテロ行為にも走ることなく、

「早く自立して自由に生きたい」

という気持ちと自立のための計画をムクムクと心に育ててたのです。小学生の頃から、いろいろな人生計画を人知れず考えていて、いま、現実はそのとき思い描いたものに大変近い気がします。

===

ただ、反抗期って本当は凄く大切だったんじゃないかと、最近は強く思うようになりました。

というのは、反抗期がないという私は、どちらかというと、親の求める優等生的な生き方でずっときて、そのまま、大人になっても、相手の期待にこたえるという生き方をしてきたからです。


それはずっと経営者になってもそうでした。

職業としては「相手の期待に答える」という側面から言うと私の天職なのかもしれません。



でも、同時に、「周囲の期待に答える」その気持ちが強すぎると、人の分までの荷物を背負い込んでしまったり、相手が求めていないのに、相手のために努力し続けたり、パートナーに、実は本音が言えなかったり。。。。

それが、行き過ぎると、いい子のなれの果て、恨みや怒りを発酵させるというマイナスも発生すると思うのです。

===

なので、

人生を自分らしく、自由に生きていこうと思うとき、
多少の反抗心は必要で、反抗心こそが、クリエイティブな生き方の源でもあると思うのです。


いま、私の反抗心は、事業にクリエイティビティを注入することで、発揮することが出来てバランスを保っているのだと思いますが、

ここに来るのにいろいろとあった手前、

大人になってからの反抗期も、悪くないのではないかなーと最近思います。

反抗期を迎えたら、いつかきっと、自分の場所が見つかる気がするからです。

反抗期からはじまる自由な人生ってあるんじゃないでしょうかね。

また、反抗心を上手に表にだすこと、相手に伝えることで、自分らしいままで、周囲と付き合えるように思います。そういう人間関係の方が長続きしますよね。

ふと、以下のはあちゅうの記事を読み返して、つれづれなる心境を書いてみました。





すべての女は、自由である。
経沢 香保子
ダイヤモンド社
2016-04-25









待機児童問題は、いまや、待った無しで、

安倍総理大臣は、4月の現状を取りまとめて、6月に再度待機児童ゼロプランをだすそうです。

保育園だけでは、どう考えても追いつかない現状や、病時施設不足などによる預け先不足問題を

キッズラインの仕組みで何かお手伝いできないかと、政府への提言活動を行っています。

保育園への月額補助は1人あたり40万円〜60万円と言われていますが、

キッズラインならその約半額でできます。

提言内容↓


というわけで、木曜日は、自民党のIT戦略部会にて1時間プレゼント質疑応答させていただきました。




また、金曜日には、元榮議員に、今後の活動方法についてアドバイス頂きました。


元榮議員には、いままでの既存の仕組みではなく、新しい仕組みの中に入れたらどうかということで、

来週は「こども保険」を提言された、小泉進次郎議員に提案させていただく予定です。


まだまだ、インターネットを使った仲介ということで、誤解されやすい部分もありますが、

新しくて革新的だからこそ、通常の3分の1の値段で出来き、圧倒的スピードが実現できるのでもあります。

ですので、一人でも多くの方にお認め頂けるよう、ユーザーの方への接点を増やしていくばかりではなく、自治体や政府にもご理解頂けるよう活動して参ります。

1日も早く、日本が育児がしやすい国になるように、これからも努力して参りたいと思います。

引き続き応援してください!





POLAさんが六本木のメルセデスカフェとコラボして、イベントを開催しています!

ミッドタウンそばのオシャレなカフェで私も大好きな場所です。

17


「もっと、自分らしく生きるための”きっかけ”に出会う場所」というテーマで

トークイベントも開催しているようで、

00

なんと、私、ゲストに呼んでいただきました!


09

直前の案内となり恐縮ですが、まだ、ほんのわずかお席があるそうですので、
以下のメールアドレスに直接お申込頂ければとのことです。


【オーダーメイドで自由な生き方トークイベント】


4月8日(土曜日)14時30分〜16時 
(会場)東京都港区六本木7丁目3番10号
メルセデス・ベンツ コネクション
http://www.mercedes-benz-connection.com


■申込

以下、直接 POLA TALKER'S TABLE 運営事務局

メールアドレスまでご連絡を

pola_talkerstable@pola.co.jp


■詳細

http://www.pola.co.jp/…/pola_t…/talkevent/0408tsunezawa.html



人数には限りがあるようです。
また、問い合わせなどがございましたら、すべて上記にいただけますようお願い致します。



==
イベントに参加できない方は、オンラインサロンも運営していますので、ご興味があれば以下チェックしてくださいね。







先日以下の記事をよみ、なるほどな〜と思いました。


■「有名税」が高くなりすぎている
■売れっ子芸能人が相次ぎ引退している理由
http://toyokeizai.net/articles/-/162569


上記は、最近の傾向として、堀北真希さんを始めとする、最近芸能人が突然、引退してしまう流れについて、書いてありました。


一部骨子を引用すると、

・スキャンダルに対する人々の目がだんだん厳しくなっている

・芸能人であることがビジネスとして割に合わなくなってきている

・将来への漠然とした不安が広がっている社会では、人々は自分の未来を追いかけるよりも、先を行っている人の足を引っ張ることにとらわれがちになる

・芸能人が「有名税」の支払いを逃れる唯一の方法が「引退」

・芸能界が今後も栄えていくためには、有名税のさらなる高騰を防ぎ、芸能人の立場を守るような何らかの対処が必要


レベルは違いますが、ふとおもったこと。

起業家というのは芸能人ではありませんが、

今の時代、起業家や個人でビジネスをする人は、

SNSなどで発信をしていき、発信力を持つことは一つの有効ツールでもあると思っています。


でも、それを活用するならば、

「プチ有名税」というのがあることを認識し、

ある程度、覚悟、および予防しておく必要があると、私は思っています。


特に、女性達は無防備で、プライベートを晒すことが、総じてプラスになると、あまり意識せずにやって後悔する人もいるかと思い、、、


具体的な経験と、そこから試行錯誤してたどり着いた有効な対策については、

オンラインサロンの女性起業家サロンに書かせていただきました。


そして、書きながら、ふと思ったこと。

「一番 有名税が高いのは、政治家」

なのではないでしょうか?


他人のプライバシーというのは面白おかしく感じてしまうことは誰しもがあると思いますが、

時と場所をわきまえて、誰もがプライバシーを尊重し合える上品な社会になるといいなーと思います。

というか、せめて、プライバシーを、不当に、権力争いや、自分のエゴのために活用することは

正統な手段ではない、そんな、認識がひろがればいいなーと、個人的には思います。



■100名を超える「本気で社会をかえる女性起業家」が参加するオンラインサロン

https://synapse.am/contents/monthly/woman_kigyou_salon



*ソーシャルの画像は以下より

https://pixabay.com/




最近、本当にありがたいことに、世をにぎわす、若手男性起業家の方と接点も増えてきました。

==

いま、会社を次のステージに持っていこうと思う中で、

17年の経営(やたら期間だけは長い)経験の、思考の垢みたいなのを落としたり、

ガツンと衝撃をうけたり、新しい時代にあった、経営者としての視野を広げたりするのに、

先輩、後輩、かかわらず、世代を超えての経験を共有していただけるのは、

本当に、本当に、ありがたいと感謝しています。

多少、私の経験もお役に立てればと、いろいろと頑張ろうと思うわけなのですが、、、

そんな年下社長との会食調整の場面で、いきなり、びっくりするのは、

「僕は、夜いつも空いているので、いつでもいいです!」

と、言われること。


前職社長時代は、会食スケジュール調整って難易度高くて、

同世代社長や、先輩社長と調整する時、なかなか噛み合ず「3ヶ月先で、、」みたいな事も良くあった気がします。


そういえば、感覚値ですが、若手起業家(25歳〜32歳くらい)の方って、著名な方でも、

「夜はオフィスで仕事してます」とか「ネットサーフィンしてます」みたいな感じの方が多い気がして、


私の場合ですが、いまの事業はCtoCなのもあり、社員数も以前より断然すくないのもあり、

また、意識的にも変化もあり、会食はかなり減っています。

時代なのですかね、世代なのですかね、業種なのですかね?!

いずれにせよ、いただいた貴重な時間を楽しくて意義のあるものにできればと思っております。



キッズラインでは、エンジニア大募集しています!










↑このページのトップへ