キッズライン社長 経沢香保子 blog

Tag経沢香保子

ミリオンセラー100万部以上売れる本は、
1年に1冊だそうです。


今度、本田健さんと対談させていただく事になったのですが、

代表的な著書である
『ユダヤ人大富豪の教え』が、発売から10年で100万部突破したそうです。



すごいですね。10年っていうのも素敵です。瞬間風速ではなく、長く愛されたんですね。

本田健さん、本だけで、発売が累計700万部を突破していらっしゃるそうで、累計2000万部目標と!世界でもベストセラー作家になり、世界平和に貢献したいという思いを強く持っていらっしゃるそうです。

今度対談させていただくので、改めて本田健さんの著書やポットキャストなど拝見させていただいていますが、本当に本当に本当に勉強になりまくりで、人生で大切なことを教えていただいている気がします。

























実は、本田健さんとの対談は8年ぶりなんです。


私自身、この8年は正直人生で一番辛いこともあったし、いろんな経験も積んで視野も変わったと思うので、久々にお会いできるのはとても楽しみですし、

いくつかの質問も考えています。

人生で過去の消化しきれない出来事の解釈を本田健さんなりの見解をもらいたいのと、自分の今後の夢について、すでに健さんが取り組んでらっしゃるので、歩んできた道筋を伺いたいなって。

すごくワクワクしています。


ユダヤ人大富豪の教えは、漫画も含めシリーズ展開もすごいです。










キッズラインも、じわじわ広がり、愛され、必要とされるサービス目指してます!







キッズラインは7月から新しい期がスタートするのです。
ということで、本日午後はビジョンプレミニ合宿

この日のために頭の中の回路を整理して、ワクワクしながらアウトプットしました。

image


先日3周年を迎えて、このように誕生したサービス、みんなの手にかかって、多くの方が応援してくださって、今年はターニングポイントだと思っています。


日本にベビーシッター文化を作る


ずっと、そう掲げてきました。

ベビーシッター文化のように、日本にないもの、今までにないものを作るのは、まずは、ビジョンを語り、何度も語り、そして、小さくても形をみせて、共感してもらって、協力してもらって、そうやって、多くの方々にご協力いただいて、ここまできました。

こんな風な現象がおこるのもとってもうれしいし、



そして、1000人に迫るシッターさん(弊社ではサポーターと呼んでいます)には、本当に「シッター」の枠を超えた、素敵な方々がいます。
夫婦でサポーター活動をやられているかた、引退後にやられているおじさまサポーター、
親子でサポーター、保険会社に勤務して副業サポーター、などなど

最近は、モンテッソーリも人気です!
モンテッソーリがどうなのか、実際に先生にインタビューもしてきました!


ビジョンプレ、頑張ってきます。チームキッズライン一丸となって今期も頑張ります。
どうぞ、みなさま応援してください。










娘が「ママにお料理つくってあげたーーい」と言ってくれるので、ついでにお料理を習わせることに。

送り迎えが難しい私は、送迎不要で自宅という慣れた場所でできるのがメリットで、
キッズラインのシッターさんで探してみました!

全てのシッターさんの中から、「家庭料理」で探して、その中で以下の方にしました。

予約して、メッセージのやり取りもスムーズで早かった。

そして、当日娘と話し合ってもらい、予算の中でメニューを決め、一緒にスーパーで買い物してもらって、お料理を教えてもらって、作って、そして、私と一緒に食べるという流れにしてもらいました。

こちらのサポーターさんは、保育士の資格をもっていますが、通常は金融でお仕事をされているそうです。

元お堅い銀行から、最近某生命保険ベンチャーに転職され、そして、副業が自由な会社なので、もともとお子さんが好きで、独学で保育士をとったからということで、キッズラインに登録して活動を始めたそうです。プロフィールの文章もお人柄が出ていて素敵でした。

最初、娘は恥ずかしそうにしてましたが、先生(サポーターさん)が積極的に話しかけてくださって、すぐに意気投合して、一緒にスーパーへ、帰ってくると、予算内で、ママにお花を買って来てくれました(涙涙)

2017-07-08-17-37-24

一本一本予算とにらめっこしながら、アレンジを作ってくれたそうです。(なかなか帰ってこないなーと思ったら、そんな風に頑張ってくれていたそう。サポーターさんからも「お花選びに時間がかかってもう少しで帰宅します」とフォローメッセージが、こんな気配りも嬉しい)

そして、いよいよお料理開始。

2017-07-08-19-34-44

やりやすいところからスタートしてくれて、難しいところはお手本を見せてくれて、

2017-07-08-19-39-25

次回は自分で作れるように、レシピも書きながら、

2017-07-08-19-38-53

わからないところがあればすぐに聞き、

2017-07-08-19-36-56

楽しそうに進んでいきます。

そして、いよいよ完成!!!


2017-07-09-11-19-54

ハートマークをつけてくれたオムライスと、サラダ、娘の大好きな唐揚げと、ナスとマッシュルームのチーズ乗せグラタン

とっても美味しかったです!

そして、終了後の完了報告もしっかりされていて、すごく嬉しかったです。
image


===

忙しいママにとって、気軽に習い事をさせるのは、送迎のことや自分のスケジュールもあり、難しいけれども、キッズラインなら、バイオリン、ピアノ、バレエ、絵画、図工、プログラミング、鉄棒、かけっこ、など、さまざまな先生がいるし(フリーワードで検索してみてください)、自宅という慣れた環境で、ママが不在でもできるのがメリットだなーと。

次はバレエの先生にも来て欲しいな〜


最近話題のモンテッソーリも人気です。

さてさて、もうすぐ夏休み!

自由研究や宿題、そして、いろんな体験をさせてあげたいなーと思う方が、ぜひ以下チェックしてみてください。

2017-07-10-14-12-47
2017-07-10-14-13-00
2017-07-10-14-13-05
2017-07-10-14-13-12
2017-07-10-14-13-17
2017-07-10-14-13-22
2017-07-10-14-13-30
詳細はこちらです。また、いまならブログレポートしてくださる方に、5000円で夏休み体験キャンペーンを行なっています。詳細は以下ご覧ください! めっちゃお得なキャンペーンです!
また、キッズラインの良さを広めるのにぜひぜひぜひ、ご協力ください!

↓  ↓

https://kidsline.me/curations/lessons





七夕が、旧カラーズの設立日なんです。

一人でしんみりしながら以下のブログを書いたり、


事業計画とにらめっこしたり、面接したり、必死になってPCむかっていたら、
「社長、ちょっといいですか?」
と呼び出されると!
なーんと、

2017-07-07-17-37-02

わーーーーーーうれしい! サプライズ・サプライズ・サプライズ!


全然気づかない私も間抜けでしたが、
せっかくなので、短冊片手に、願いを込めて、ろうそくの火を消させてもらいました。
本当にこんなに暖かいメンバーに囲まれて幸せです。キッズラインのサービスに温度があるのは、メンバーの情熱の暖かさです。

本当にみんな、ありがとう!!ヾ(=^▽^=)ノヾ(=^▽^=)ノ
2017-07-07-17-37-02

3年前のある日、日本にベビーシッター文化をつくりたい

そう願ったとき、周囲の多くは「日本には広まらないんじゃない?」「だいたいどんなに計算しても儲からないんじゃない?」と。

そりゃそうですよね。見たことも、さわったことないものは、想像できないですから。

私にとっては、うまくいくとかうまくいかないとかよりも、いま、日本に新しい育児インフラをつくらないと。誰かがやらないと、だから、私がやるんだ!

そんな使命感もありましたし、頭の中にはもうサイトのイメージも温度感もありました。

52

一人ずつ一人ずつ素敵なメンバーが集まって来て、そして、素晴らしいシッターさんがあつまってきて、
そして、お客様にも徐々に浸透していって、、ここまでの道のりは簡単ではなかったけど、でも、予想以上に、使っていただいたお客様からは、愛され、必要とされるサービスになりました。

いままでの期間が、基盤づくりだったとしてら、ここからの3年は、拡大期に入りたいと思います。全国

津々浦々に必要としている人たちの届けることができるよう、今年は、今いらっしゃるお客様とシッターさんの温かい気持ちを広げていくようなイメージで、たくさんのエネルギーを注ぎながら、インフラとして進化させていきます。

とりあえず、新しい1年、次のステージの3年、みんなでがんばるぞポーズ


2017-07-08-16-48-26

(何人か写ってないメンバーごめんよ。。)


どうぞ、これからも、キッズラインを応援してください。みなさんと一緒に、日本に美しいベビーシッター文化をつくってけたらと思います。





子供ができると、夫婦で二人っきりでご飯を食べる回数が激減する! 以前そんな調査結果に愕然!!!!!
↓   ↓
こんな利用の方法をしてくれる方がすごく嬉しいのです。


でも、実はママは、パパと二人っきりでご飯が食べたいのです!

というわけで、Rettyさんとこんなキャンペーンを始めました!

#ママをレストランに!


ぜひぜひ、この機会に!





↑このページのトップへ