キッズライン社長 経沢香保子 blog

Tag経沢香保子


土曜日は、主催させていただいている女性起業家サロンのイベント3回目でした!

13497555_1129928207064755_3405152242111214906_o-2


運営も女性起業家サロンのみなさま(本当に気持ちよくて素敵な方々ばかり)

2017-06-10-12-47-30

着々と準備が進みます。

2017-06-10-12-28-12

こんながらーんとした広い会場も

2017-06-10-12-27-06

みなさんがいらしてくださって、満員御礼!

約50名の起業家および起業家予備軍と、メディアの方も4社ほど。

2017-06-10-13-22-05

とにかく、お天気が良くて気持ちいい日でよかった!

そして、いよいよ第一部スタート
2017-06-10-13-25-11

2017-06-10-20-31-10



2017-06-10-20-31-13




すごくみなさん熱心に聞いてくださって、

2017-06-11-09-01-08

実況レポも


上記、講演の様子は、サロン内限定で動画配信される予定です。


それからそれから、参加者による1分プレゼンや交流会

2017-06-11-09-01-29
2017-06-10-14-14-03

このサロンに集まる方は(もちろん男性起業家および予備軍もいらっしゃるのですが)
みなさん、本当に魅力的な方ばかり

運営メンバーは、サロンメンバーの中からいつも有志がやってくれて、
2017-06-10-15-07-52

交流も深くなり、起業で必要な支え会える仲間、親友に出会えるのもすごく大切だなーと思います。

人生は出会いで劇的に変わる

本当にそう体感して来ました。

早速、感想をブログにあげてくださった方も!


2017-06-11-09-01-01

これからも24時間オンラインでも、そしてこのようなイベントも開催(サロンメンバーは参加無料)
していきますので、
ぜひ、興味のある方は、年齢性別かかわらずご参加いただけますよ!

学びながら、素敵な仲間を作っていきましょう!




おかげさまで、ベビーシッターキッズラインは、
毎月100名近いシッターさんがデビューしていて、総勢もうすぐ1000名に迫る勢いです!

機能も優秀なエンジニアたちがどんどんバージョンアップさせているので、ますます使いやすく便利になっています。

たとえば、
「今日、誰かに子供を見て欲しい!」そんな時でも大丈夫です。


もちろん、「明日、ちょっと外出したいんだけれども・・・」という時にも大丈夫です!


もし、「今すぐ!」とか、「条件にあった人を探すのが手間かも、、」という方は、

シッター求人機能というのがありますので、そちらでかんたん解決です!

https://kidsline.me/about/how_advanced_jobpost



へーーー、でも、実際どうなの? ベビーシッターって?? キッズラインって??
と、思われる方は、ぜひ、以下の記事をご覧ください。


ちなみに、お得なクーポンもございます!


そして、そして、ママたちの悩みの「病児保育」
私たちキッズラインは病児体制もバージョンアップしましたので、
みんなの病児をあんしん解決!
すべく、以下の活動を行なっています。ぜひ、みなさん、広めていただけると助かります。









知人の経営者が、メルマガに
こんなことを書いてくださいました。

すごく嬉しいので、ご本人の許可をとって、転載させていただきます。

====

4,5年前に、

「これからは、社会貢献するために
ビジネスをする」

と、言い出したとき、

多くの人に鼻で笑われました。

あるいは、ドン引きして
サーッと私から離れていくのが
分かりました。

あるいは、親しい友人には
心配されて、

「大丈夫?何かあった?」

と、心配そうにおでこに手を
あてられました。(おでこは嘘)

先日、10年来の友人が当時を振り返って

「社長が社会貢献とか言い出したときは
ヤバイ世界に足を踏み入れたと思った」

と言われました。

そもそも、なぜ、

「社会貢献とか
世の中の役に立ちたい」

という動機でビジネスを
するようになったかと言うと、

ひとつあるのは、

「私の器が小さかった」

のだと思います。

なぜ、そう思うかというと
周りの経営者の人たちよりも

自分のためや
お金のために

頑張れなくなるまでが
早かったように思うのです。

器が小さいので、早々に
自分のために頑張ることが
できなくなりました。

そして、

なぜ、周りの人たちと
話が合わなくなったかというと

ほとんどの経営者さんは

「お金という物差し」

で、ビジネスをしています。

会話のほとんども

「こんなに売上があがった」

「こうしたら、もっと売れる」

「あんなに儲けるなんてすごい」

みたいな話をしています。

それが、悪いというのでは
ありません。

もちろん、私もそういう話を
します。

ただ、そのような人たちに

「社会貢献したい」

とか

「世の中の役に立ちたい」

とか

「社会を良く変えたい」

という発言をしても
全く刺さらないのです。

そういう物差しを持っていないので
興味がないのです。

そして、

「何をキレイゴトを」

と言われてしまいます。

・・・・・・・

さて、そうして

・お金儲けのためではなく

・世の中に役立つために
・世の中を良くするために

という動機でビジネスを
始めようと思ったのですが、

正直、どうしていいか
分からない部分もあり
身近なところから始めました。

それが、

ミャンマーのプロジェクトだったり
女性の社会進出を研究する
北欧視察のプロジェクトです。

そして、

起業について教える講座も
なぜ、自分たちがそれを教えたいのか?

そして、その事でどう世の中に
貢献していくのか?

という軸で情報発信を
するようにしました。

実際に、そのように考えるように
なってから、

モチベーションで悩むことも
少なくなり、

お客さまに喜ばれるので
とてもやりがいも
感じるようになりました。

そして、

幸いな事に、

少しずつ、世の中でも

儲けるためだけではなく、

社会の問題を
解決するために
ビジネスをしたい。

社会を良くするために
貢献するために
ビジネスをしたい

と、考える人も増えてきました。

そして、そういう事に
興味がある人が
少しずつ周りに集まって
くれるようになりました。

まだまだ、小さな輪ですが。

なので、私のメルマガを
ずっと読んでくれている人は
きっと、そういう気持ちの人も
多いと思います。

ということで、

もし、あなたがビジネスを
している、

あるいは、これからしようと
考えているのであれば、

ぜひ、社会貢献の視点を
取り入れて欲しいと思います。

今となっては、

「そっちの方が、絶対にいいよ」

と言えます。

やりがい的にも
モチベーション的にも

お金以外の物差しを持って
ビジネスをした方が楽しいです。

そして、今、抱えている問題、

例えば、

集客やセールスや
モチベーションについても
解決策は実はここにあるかもしれません。

振り返ってみれば、

『社会貢献とビジネスを融合したい』

というテーマをこの数年間
ずっと持ってきたように思います。

もちろん、まだまだ形に
しきれていないので
私自身も絶賛挑戦中です。

これからに期待をしていてください。

・・・・・・・

それで、今、起業している人も
これから起業しようとしている人も
ぜひ、参加をして欲しいイベントがあります。

日時は、今週土曜日の午後1時からです。

なぜ、このイベントをおすすめするかと
言うと、

私自身が、方向性を変えてから
悩んでいる事がありました。

それは、

自分と同じような社会貢献の気持ちで
経営をしている成功者の人がなかなか
見つからないということでした。

一見、貢献タイプに見えても親しくなったら
ただの策略でやっていた、という事も
あります。

なので、方向性を変えてからも

「これって、やっぱりキレイゴトで
ビジネスとしては
成り立たないのではないか?」

と不安になることもありました。

そんな中、

「自分が正しいと思うことをしよう!
やりたいと思う形で貢献しよう!」

と、迷わなくなったのは
ある人の本を読んでからです。

その方は、

経沢香保子(つねざわかほこ)さん
と言います。

経沢さんの事は、週末の朝にテレビで
見たことがある人も多いと思います。

女性の史上最年少上場記録を
持たれている女性経営者の方です。

現在は、

1000円でベビーシッターさんを
即日、予約手配できる

シッターさんとお母さんをマッチングする
キッズラインというサービスを展開しています。

「ベビーシッターを日本の文化に」

というテーマで、待機児童の問題解決や
女性の社会進出支援をされています。

その経沢さんが、主催している
女性起業家サロンのイベントが
今週の土曜日にあります。

女性起業家サロンのイベントですが
男性も参加できます。

私の中で、経沢さんはやっと出会えた
社会貢献を軸にビジネスをして
成功されている方です。

いつも勇気と指針をもらっています。

実際に、どうやって

社会貢献とビジネスを融合していくのか?

というのは、中々イメージが分かないかと
思います。

その答えは、実際に実践されて
成功されている経沢さんの話を聞くのが
一番だと思います。

また、女性の方であれば、

リアルビジネスで起業している
先輩の女性経営者に出会うのは
難しい現状があると思います。

女性が聞きたいのは

・どうやってビジネスを立ち上げるのか?

・家庭と仕事の両立はどうしたらいいのか?

・苦手なことをどのように人に頼むのか?

など、具体的な話だと思うのです。

しかし、成功されている本物の女性経営者の方に
そういう話を聞ける場があまりないと思います。

経沢さんのイベントは
以前参加した事があるのですが

経沢さんの話はおもしろく、
笑いっぱなしで、かつ、
勉強になりました。

また、コミュニティーの人も
気さくでなので、良い人ばかりです。

ぜひ、自分の新たな扉を開くつもりで
参加してみてください。

男性も女性も参加できます。

詳細はこちらです。

==============================
==========
■女性社長が日本を元気に
~本気で社会を変える女性起業家が集結~
http://kahoko.blog.jp/archives/1066307374.html
========================================



追伸:

経沢さんの本でおすすめなのはこちらです。
Kindleなら99円で読めます。

『ベンチャー魂は消えない』:
https://www.amazon.co.jp/dp/B019WLLO16/


==

以上、引用させていただきました。

社長、ありがとうございました!

私が、いま、一番頑張っているのは、日本から病児保育問題をなくすことです!

ぜひ、みなさん、以下、必要な方に届けていただければ嬉しいです!

キッズラインは、病児保育の際のシッターの数と質をパワーアップし、システムも便利にして、

6月中は、どなたさまでも病児保育の無料体験ができるようにしています!

↓  ↓




私は、先日44歳の誕生日を迎え、その時の抱負ブログに、

仕事全開モード、受験生のように仕事したい!


と、書いたのを覚えています。

私は出産も3回させていただき、子供もある程度大きくなり、母(大ママ)がかなりサポートしてくれるので、仕事の環境はすごく整っているなー恵まれていると、周囲に感謝しています。

そして、何よりも、40代になって、まったく新しい仕事にゼロからチャレンジする素晴らしさをありがたく感じています。(以前はBtoBだったのが、まったくのCtoC)

普通に考えたら、40代の女子が、全くの新分野にチャレンジして、仕事全回モードで、試行錯誤したり、新しい経験にとまどったり、悔しい思いをして、、、、

とにかく新鮮で、2度目の人生で、全てを捨ててのゼロからのチャレンジ、
こんなに夢中になって働けるというのは、ありがたいなーと。

==

ふと、知人の女性起業家、えとみほさんの以下の記事を読んで、


まったく、同感だと思ったんです。

そして、もしかしたら、世の中には、えとみほさんや、私のように思う女子がいるのではないかと。。。
でも、そんな女性にチャンスが開かれているのかといえば、そうではないのが会社組織なのかもと。

働く女性は、20代〜30代、そして40歳になるまでに、仕事以外の大変なことがたくさんあるのが、女性の人生かもしれません。

仕事と彼氏の間にはさまれることもあるでしょう、プライベートと仕事の両立や、結婚できるのかどうかとか、いつ子供を産むとか、育児はどうするのかとか、どんな女性であるべきか、ロールモデルを探しさまよったり。

でも、40代になると、ある意味、女性としての迷いからは卒業して、腹をくくって
本当の意味で、精神的に自立して、自分の人生を生きることもできる。


だからこそ、40代からの女性は潔くてかっこいいと私は思うのです。

そんな、腹がくくれて、そして、新しい人生にチャレンジしたいという女性がいたら、一緒に精一杯仕事をしてみたいな、と思うようになりました。

なので、あえて、40代女性で、心機一転、スタートアップで名をあげたいという、新しい事業に全身全霊つぎ込みたい、社会を変えるような仕事をしたいという女性がいたら、キッズラインにご応募ください。男性も活躍する環境ですので、育児経験の有無は、仕事に全く関係ないです。

それよりも、やる気がいっぱいで、挑戦したくて、ワークライフバランスとかよりも、仕事集中モードに、ゾーンに入ってみたいという方
私と一緒に仕事まみれしませんか?


現在以下の職種を募集しています。

・カスタマーサポート
・サポーター採用
・人事採用
・総務・人事
・事務スタッフ
・エンジニア
・マーケティング


ご応募は以下フォームより、希望職種をお選びか、該当するものがない場合はお書きになり、
ふるって、ご応募ください。

https://kidsline.me/corp/recruit




私がゼロから再起したストーリーは、以下の99円(読み放題なら無料)でご覧いただけます!










私たち、キッズラインは、1時間1000円〜即日予約手配も、スマホから誰でも簡単という

新しいスタイルのサービスで「日本にベビーシッター文化」を作るべく活動しています。

===

同時に、現在、育児に関する問題が非常に山積する日本。

「産むこと、育てることの不安」から、少子化につながることにも。

ですので、日本にいままでにない、育児インフラの必要性を政府にも提言させていただいています。



保育園は素晴らしい日本の育児システムだと思うのですが、その既存のシステムに当てはまらない人もいます。

まず、働く側、

保育資格はもっているが、フルタイムでの保育園復帰は難しい、でも、育児の仕事をしたい人もいる。

そんな、80万人の潜在保育士の方に、

好きな時間に、好きなスタイルでという、働きやすい環境をキッズラインを通じて用意し、



同時に、お困りの親御さん、

病児に預ける場所を探すのが難しい、待機児童などで職場復帰できない、

特別なケアを必要な子供である、、、など、お困りのご家庭と、個別のニーズをマッチングしつつ、

繋いでいく活動を政府に提案しています。

53


育児のニーズというのは多岐にわかっていると思うので、それらのニッチだったり、テンポラリーだったりの要望に、簡単に答える仕組みが必要だと思っています。

それが育児の安心感につながり、日本の未来を豊かなものに、女性活躍推進も進み、少子化改善にもつながればと思っています。


あらゆる場所で、誰もが使いやすい、新しい育児システムの必要性を提言できればと思っています。







現在、6つの自治体に導入いただいていますが、もっと広げていけるよう、もっと画期的な方法がないか、これからも試行錯誤して、活動してまいりたいと思います。





↑このページのトップへ