キッズライン社長 経沢香保子 blog

Tag結婚


昨日は、私とはあちゅうが開催している、オンラインサロン「ちゅうつね」の
リアルセミナーでした。@グロービス経営大学院


昨日のテーマは、ずばり以下、

(私の場合は、本当にいつも周囲に最高の男性の方ばかりに囲まれているので、恐縮なんですが)


とにかく、講師の大西明美さんが、元気で明るくてパワフルで面白すぎるんです!!!


(ちなみに、ワンピースはAYUWAさんのこちらです)


そして、大西さんは、いままで婚活アドバイザーとして、何万人のカウンセリングをしてきて、

このような著書も書かれていますが、




いきなり、

「最高の男性に会いたかったら、結婚したかったら、婚活はやめてください!」

(でも、●●の人は続けましょう、と、おっしゃっていました)

その理由は、以下、

婚活というのは、どうしても「周囲にジャッジされる」プロセスが多いので、それがマイナスに働いてしまわないように、という優しい気遣いの理論でした。



そして、そんな「周囲からのジャッジされる」婚活をやり過ぎると、日常がつまらなくなり、
その結果、、

つまり、結婚したいなら、まず、自分の魅力を高めることを頑張りなさいと!


で、そのためには、


そう、他人のためになるようなことを一生懸命やる。自分の好きなことを一生懸命やる。(特に、職場や趣味のサークルなどのコミュニティーのなかで)

そうすると、その人自身が、内側から輝くから、周囲に、素敵な人が集まってくるんだそう。


それが、婚活より、本質的で、素敵なパートナーに出会える、最良の方法だそうです。

なるほどですね!

(このビデオはちゅうつねに入会した人は昨日から1週間無料で見れます)



私は結婚したいという、強い願望が、いまのところないのですが(いろいろとあり)

とにかくいまは、仕事が楽しくて、ベビーシッターを文化として、どうやって日本に広めるか、そんなことばかりを日々考えているので、

でも、きっと一生懸命やっていれば、仕事も願いが叶い、素敵なパートナーシップも引き寄せるんじゃないかとおもうと、いろいろ相乗効果ですねww


というわけで、いま、最高の力をいれている活動が、

いい夫婦の日に、夫婦でごはんを食べにいってほしくて、先着1000名さまに

ベビーシッター無料体験をプレゼントしているというもの
です。

めっちゃ頑張っていますので、

どうか、みなさん、シェアや拡散にご協力下さい☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


また、お子さんがいるお友達にぜひ教えて上げてください(プレゼントも出来ます)

みなさん、お子さんが生まれてからの、夫婦ごはん事情どうですか?

弊社で調べたところ、驚愕の調査結果が、、、

子どもがいる夫婦が1年にふたりっきりでごはんを食べる回数は?!

⇩   ⇩

https://kidsline.me/contents/news_detail/94
2016-11-13-13-27-31








今年も、もう、11月。残すは12月のみ。

早いーーーーーー!!

というわけで、私は、今年が終わるまでに、どんどん身軽になると決めている。

究極にどこまでも身軽になりたいと思っている。

それは、来年の飛躍に向けて、という目的だ。

飛躍するには、高く飛ぶには、身軽でなければいけない。


では、どうすればいいのか?

それは、とにかく「捨てること」「捨てまくること」

以前、人生の転機のときに、1トントラックにがしがし捨てました

before

53

after

00

(もうこの部屋はすっかり引っ越してしまったのですが)


急に思い立ったので立った一日でやったのですが、当然一人では出来ず、

こんな風にご協力いただいて、、


でも、断捨離効果ってすごいですね。


捨てれば、何かが入ってくる。

何かが入ってくるということは、動き出す。


そのあと、停滞していた私の人生が動き出して、キッズラインを起業することにつながったと思います。

動き出すには、スペースが必要なんですよね。

===

そして、人生を新たに展開させるためにスペースをあける、

そんな、断捨離は、いわゆる「モノ」だけではないと思います。

ほかにも、

・時間の断捨離

・人間関係の断捨離

(言葉は悪いですが、いいたいことは、無駄な会合に行かないとか、自分にマイナスを与える人からはなれるとか)

等があると思います。



というわけで、今月のちゅうつねカレッジ

https://synapse.am/contents/monthly/chu_tsune

のテーマは「断捨離」(古いものを捨てる1ヶ月)です。

私とはあちゅうで、毎週毎週考え方を課題とともに投稿しています。

私の方では、以下の順で進めています

第1週目:無駄な時間を捨てる
第2週目:古いモノを捨てる
第3週目:古い人間関係を捨てる
第4週目:まとめ



そして、今月は、人間関係、パートナーシップがやはり人生の多くを左右するということで、

「最高の男と出会うために捨てるべき7つの習慣」

というテーマ!!!!

来週月曜日(11月14日)19時〜開催です!


もっと良いパートナーと巡り会いたいと思ったら、やはりスペースを空けないとダメですもんね。

しかも、講師は、いま話題の婚活支援で大人気の大西明美さん


婚活アドバイザー。2010年からクリスチャン専門の結婚相談所を経営。

20年で43,000件以上の婚活&恋愛アドバイスを実施とツワモノ!




糟糠の妻はなぜ捨てられるのか
大西 明美
プレジデント社
2016-09-29



43

詳細は以下より
http://peatix.com/event/202919










少子化問題

最低値だった1.4から、2年ぶりに増加の1.46に回復したと先日報道されたばかりだ。
(とはいえ、まだまだ、純増加は4000人 希望出生率1.8の道のりは遠い⇩)


今朝の日経新聞にも興味深い記事が

image


少子化の原因になる意識調査の結果とまとめたものだった。


いま、日本は、女性の社会進出や政府の女性活躍推進の後押しもあり


共働き世帯が専業主婦世帯の1.5倍になったそうだが、


夫が外で働き、妻が家庭を守るべきだ 4割が賛同
女性は仕事より子育てを優先すべきだ 38%


まだまだ、意識と実態のミスマッチが根深いような気がする


また、結婚意識は多様化していて
「結婚はかならずすべき」もしくは「したほうがいい」は4割前後



ちょっと悲しい調査結果は

結婚に負担を感じている人 49% と


少子化が進行する日本と韓国の根深い性別分業意識についてデータが掲載されていました。

実態は進行していても、意識が追いついていないいま
多くの人たちがそのギャップに迷っているような気がします。

とはいえ、少子化は「希望出生率」に近づいていくのが望ましいですし、

また、ライフスタイルが多様化する中、選択肢は多い方がいいと考えるので、

私たちは、それを支えるような、応援できるようなサービスをこれからも提案していきたいと思います。










↑このページのトップへ