キッズライン社長 経沢香保子 blog

Tag編集


いま、副業問題がバズってますね。



私は、全体としてダイバーシティーの流れは来ていると思うので、常に考えるべき問題、器を広げる心構えは必要ですが、哲学なきままに「副業OK 」を押し出せば問題が解決するとも思えないのです。

スタートアップの場合と大企業の場合でも全然違うと思いますし、
社員一人ひとりの持っている性格や強みも違いますし、

会社と社員の距離感は、その会社のカルチャーにも影響を与えるので、無理して、今すぐトレンドにのらなくてもいいと思います。

あくまで、経営者がつくりたい会社の未来のイメージからの逆算で選択肢の一つ、個別事象だと思うので。社内での合意形成が重要だと思います。

合意が形成できない場合は、それぞれの優先順位や考えが実現できるようにできる方法はかならずあると思うので。

そんなことを、詳細、以下で、述べて見ました。


女性起業家サロンでは、旬な経営課題をシェアしたり、起業のときの注意点や、悩みを解決したりなど、facebookグループを中心に活動しています。

また、同時に、毎月1〜2回程度のリアルイベントがあり、実際にご参加もいただけますし、その様子はタイムリーにもそのあとでも動画で見れるようになっています。

いまここでしか見れない学びの多い動画は以下3本

・カリスマインスタグラマーとのインスタグラム活用術


・テックインアジアでの起業家を増やす方法

・岡島悦子さんと箕輪さんがきてくれた盛り上がった対談

そしてそして、毎月のイベントは続きます!


ぜひ、女性起業家サロンも宜しくお願いいたします。
https://t.co/OHf4Yhh4bP


こんなプロジェクトもやっているので、是非みなさん、気軽にご参加下さい。そろそろ週末から活動始めます!




私は、2001年から、女性起業家支援をずっと行っています。

最初は女性起業塾

卒業生は2000人以上になり、現在も「自分のビジネス」をもって幸せに「継続」して、事業を続けている人が多いのが特徴です。 卒業生同士の結束もかなりかたくて、そんな場所を提供できただけでも本当に私はラッキーだったなと思います。

一般的な女性起業支援とはちょっとちがって、

03
10
22
29
(社員が懐かしすぎる。恥ずかしい)

塾生には、起業のみならず、さらに踏み込んで「継続する自分のビジネスをもつこと」を目指して欲しいと「経営者脳」になることをお伝えしてきました。

どうやって、ビジネスモデルをつくり、どうやって社員を雇用し、チームで、ずっと長く愛される事業を続けるのか。

そんなことを、以下の本にもまとめたりして、大変多くの反響をいただきました。

自分の会社をつくるということ
経沢 香保子
ダイヤモンド社
2005-06-24


そして、現在は女性起業家サロン

53
04
16

フェイスブックグループを中心に活動し、サロンメンバーのQAに答えたり、自分が発見したもの刺激を受けたものを共有しながら、参加しているメンバーには、「本気で社会を変える事業」をつくることを目標としてもらっています。

ちょうど女性起業家サロンもリニューアルを考えていて、これからは、サロンメンバーが参加できるリアルイベントを増やしていきます。

私がメンバーに提供できることは

・女性が事業を作る方法
・つまづいた時どう乗り越えればいいのか(絶対に解決方法がある)
・資金の調達方法や、上手に投資する方法
・採用や教育の方法


など、17年間起業家を続け、自宅でゼロから立ち上げて、上場も経験し、再び起業する中で、掴み取ってきた経営に関するノウハウはもちろん、実体験を踏まえ、また統計的にお伝えできます。

そんななか、ふと思ったのは、

同時に、私が旬であっている人たちや、私の周囲の魅力的な人たちとの時間をサロンメンバーにシェアできるな、それってすごいみんなにとってもこちらにとってもパワーだなと改めて思いました。

ですので、月に1回程度、サロンメンバーなら無料で参加できる、豪華なゲストをお呼びした、台本なしの、ここだけオフレコ座談会を行うことにしました。(サロンメンバー参加無料)

というわけで、まずは、最近話題でめっちゃ旬なこの人と対談します。

最近、ガンガンヒットを飛ばしながら、

17
01

ついに自分の編集室を立ち上げてしまったこの男

31

詳細は女性起業家サロン内で近日中にお知らせします。

ちなみに、サロンでは最近以下のようなテーマを取り扱っています。






感想がありがたい!





↑このページのトップへ