キッズライン社長 経沢香保子 blog

Tag育児


一生懸命勉強をして、いい学校に行って、大企業に入る。という昭和の成功の方程式みたいなのって、崩壊しつつあると思う。受験で養われるちからの大半は、「我慢力」な気がするし、「我慢力」が差別化になる仕事も、世の中が便利になっていけばいくほどどんどん減っていくかと。

経済成長が今までのやり方では伸ばせない時代には、新しい発想や、競争よりも、人との協力が欠かせない。

だから、むしろ、好きなことをみつけて、一生懸命夢中になってるうち、仕事だかなんだかわからない感じで楽しんでると、人を巻き込んでうまく行った! 的な人が増えていると思う。

そういう人は、周囲の協力に対して感謝の気持ちがあるから人気だったり、「いやいや、ただ、好きなことやらせてもらってるだけなので」という謙虚さで人望も集めるし、何よりも本当に好きなことやってるからストレスがたまらず周囲に優しい、という、よい連鎖になっているような気がする。

最近だとよくお会いする家入一真さんとかがまさにそうなのかも。

世間体とか、過去のやり方とかに縛られていると時代の進化に追いつけないのが現代社会なのかもしれない。

育児とか仕事とかまさにそうだな、と。


我慢してやってる人は辛そうだし、辛いのを我慢してるから周囲にも同じ我慢を求めてしまったり、よくない場合はストレスを弱者に向けてしまうのだと思う。

もっともっとみんな社会の便利さを享受して、ありがたく思って、好きなことをやれたらいいのにな。「それぞれが好きなことで暮らせる社会」にしていきたいと思います。

まず、私たちは育児の我慢を減らしたいし、育児のプロが輝く社会にしたい。


こういうの凄く嬉しいです。


そして、とはいえ、そんなに言われても、我慢しなくていいって言われても、本当にいいの? どうしていいかわからない、きっかけもないし、、、というママのために、まず週1回は自由に過ごしてほしいと思っていて、

#ママのノー残業デー

という活動をしています。

14

これは、日本の未来である子供達を一生懸命育ててくれる、ママたちに感謝の気持を込めて、週に1回自由な時間を過ごしてほしい。そのために、1ヶ月分のシッター代金をみんながプレゼントしますよ!という活動です。

この活動に協賛して、寄付してくださった方がたくさんいらっしゃいます。

あの、本田健さん

image

そして、キャンプファイヤーの生みの親である、家入一真さんと、ネット業界で活躍しイクメンでもあるけんすうさん

2017-07-25-14-45-13

さらに、小学校4年生の学力から一気に慶応現役合格した、ビリギャルの小林さやかちゃんと、その師匠である坪井先生

2017-08-02-13-28-31



一緒に動画もとってみた!



吉田ではなく、本田のような、日本一の会社をめざし、働き方革命を推進する、クラウドワークスの吉田社長も

2017-07-28-11-12-37


みなさんのおかげで、開始10日ほどで、なんとなんと100万円のママへの応援の気持ちがあつまりました!

みてください!!! 本当にありがとうございます!!!

13


この集まったお金を、順次、50世帯のご家庭に「#ママのノー残業デー」を導入する活動をキッズラインでは始めてきます。

目標金額300万円で、引き続き、150世帯のご家庭をハッピーにすべくこれからも活動してまいります。

どうぞ、みなさんも参加してください。

■みんなで作る #ママのノー残業デー
https://camp-fire.jp/projects/view/36374



もし、もし、もし、上記に参加できないとしても、以下の動画だけは、すぐ終わりますので、ぜひぜひ見てほしいです。世界中が心ふるえた2千万回以上も再生された「世界で一番大変な仕事」



私たちキッズランは、今後もさまざまな活動を通じて、日本をもっともっとハッピーに、子供とママの笑顔を増やして行きます。どうぞ、これからも引き続き応援してください。


==ご協力いただいた方の素晴らしい著書を一部紹介させてください。

■本田健さんの新刊。めちゃくちゃよかたです。インスピレーション湧き上がる本です。

決めた未来しか実現しない
本田 健
サンマーク出版
2015-11-26


■都知事選のくだりは、心が震えます。



■こんなママになりたいって心震えます。



ぜひ、映画でも見てほしいと思います。






今日、プレスリリース出させていただいた以下



大変、たくさんの反響をいただいて嬉しいです。
寄せられたコメントは以下のようなものが多く、みなさんが潜在的に「保育士はもっと報酬を受け取るべき」そんな、同じように感じてくださったのが嬉しいです。





そして、実際にキッズラインで半年働いた方の感想も嬉しかった


個性的でキャリアをもつサポーターさんが多いキッズラインは、夏休みの自由研究も、宿題も、英語もお任せ下さい!





世の中には「プレミアムフライデー」とか「ノー残業デー」などありますが、

ママは24時間育児から解放されることがありません


みなさん、以下の動画ご存知ですか。。。世界中が泣いた動画。


2千万回以上も再生された「世界で一番大変な仕事」という動画です。まずぜひご覧下さい。





https://youtu.be/WcidfzfIWdE



そこで、私たちは、みなさんのお力をお借りして、

ママが週1回だけでも育児から解放されて、自由な時間を過ごせる

「ママのノー残業デー」プロジェクトを開始しました!



あの、ユダヤ人大富豪の教えをはじめ、累計700万部も本の販売実績がある、本田健さんも、なんと顔だして応援してくださいました!(基本いままで顔出しNGでやってこられた方です)


image

本田健さん、コメントまで寄せてくださいました。


このたび、キッズラインが企画された『ママのノー残業」

プロジェクトに、心から賛同します。
 お母さんが、幸せになるのは、家族にとってとても大事です。

 主婦の方も、仕事をしている人も、ぜひ時間を取って、 夫婦でデートしたり、自分にごほうびをあげてください。きっと、 気分がかわって、 もっと自分にも家族にもやさしくできると思います。

 応援の気持ちをこめて、 私もささやかな寄附をさせていただきました。
 幸せな家族がたくさん増えますように!!


ありがとうございます!


私たちは、この活動を通じ、社会に一石を投じながらも、ママの笑顔を増やし、子供の笑顔を増やし、少子化改善にもつなげて行きたいと考えています。


日本のよりよい未来のために、ぜひぜひ、みなさん、5000円から参加できますので、どうぞよろしくお願いいたします!

また、法人の方も参加できます。法人の方は社員の方にお配りいただける、寄付と同じ金額のキッズラインポイントをお渡ししますので、ぜひ、いますぐ、ご参加の程、お願いします!

↓ ↓

https://camp-fire.jp/projects/view/36374


14





七夕が、旧カラーズの設立日なんです。

一人でしんみりしながら以下のブログを書いたり、


事業計画とにらめっこしたり、面接したり、必死になってPCむかっていたら、
「社長、ちょっといいですか?」
と呼び出されると!
なーんと、

2017-07-07-17-37-02

わーーーーーーうれしい! サプライズ・サプライズ・サプライズ!


全然気づかない私も間抜けでしたが、
せっかくなので、短冊片手に、願いを込めて、ろうそくの火を消させてもらいました。
本当にこんなに暖かいメンバーに囲まれて幸せです。キッズラインのサービスに温度があるのは、メンバーの情熱の暖かさです。

本当にみんな、ありがとう!!ヾ(=^▽^=)ノヾ(=^▽^=)ノ
2017-07-07-17-37-02

3年前のある日、日本にベビーシッター文化をつくりたい

そう願ったとき、周囲の多くは「日本には広まらないんじゃない?」「だいたいどんなに計算しても儲からないんじゃない?」と。

そりゃそうですよね。見たことも、さわったことないものは、想像できないですから。

私にとっては、うまくいくとかうまくいかないとかよりも、いま、日本に新しい育児インフラをつくらないと。誰かがやらないと、だから、私がやるんだ!

そんな使命感もありましたし、頭の中にはもうサイトのイメージも温度感もありました。

52

一人ずつ一人ずつ素敵なメンバーが集まって来て、そして、素晴らしいシッターさんがあつまってきて、
そして、お客様にも徐々に浸透していって、、ここまでの道のりは簡単ではなかったけど、でも、予想以上に、使っていただいたお客様からは、愛され、必要とされるサービスになりました。

いままでの期間が、基盤づくりだったとしてら、ここからの3年は、拡大期に入りたいと思います。全国

津々浦々に必要としている人たちの届けることができるよう、今年は、今いらっしゃるお客様とシッターさんの温かい気持ちを広げていくようなイメージで、たくさんのエネルギーを注ぎながら、インフラとして進化させていきます。

とりあえず、新しい1年、次のステージの3年、みんなでがんばるぞポーズ


2017-07-08-16-48-26

(何人か写ってないメンバーごめんよ。。)


どうぞ、これからも、キッズラインを応援してください。みなさんと一緒に、日本に美しいベビーシッター文化をつくってけたらと思います。





おかげさまで、様々な個性をもつ素晴らしいシッターさんたちが活躍するキッズライン


一人一人の育児ニーズにあわせたサービスが提供できるのが強みです。

そんななかでも、とりわけ、私たちキッズラインが誇りに思っているのは、元保育園勤務で、さまざまな理由で育児の現場をはなれることになった、潜在保育士さんの活躍です。

せっかく国家資格である保育士の免許をとっても、保育園は激務、ワークライフバランスが成立しないとか、事務作業が多くて理想の育児が追求できない、残業や土日出勤、しかも、お給料が安い、、、などで、やめざるを得なくなってしまったかたが、いわゆる潜在保育士が全国に80万人も!社会問題化しているんです。

そんな方々がキッズラインでは大活躍しています。

その理由は

・働く時間や時給が自分で決められる
・理想の育児を追求できる(モンテッソーリとか、チャイルドマインダーとか)
・1対1育児(兄弟などで二人三人の場合もありますが)ができる
・煩わしい人間関係がない

などさまざまなのですが、2年連続、シッターさんの働く満足度が100%なんです!


楽しく、生き生きと、自分の強みを生かして働けるので、自分らしく活躍される保育士の方が、マスコミにも注目され、最近取材が殺到しています。


やりがいも大きい上、なんと保育園時代の収入3倍


36

44

キッズラインのシッター(サポーター)さんのインタビューをサイト内にも掲載しています。

29
40

上記、こちらで全てお読みいただけます
https://kidsline.me/magazine/article_list/interview_sitter


ぜひ、保育資格をもって活かせてない方、キッズラインに登録しませんか?
あなたのスキルを求めている親御さんがたくさんいます!


https://kidsline.me/sitters/welcome


27

ぜひ、周囲の潜在保育士さんにもご紹介ください!

全国の潜在保育士さんのネットワークを作りたい! どうかみなさまお知恵をお貸しください。

↑このページのトップへ