キッズライン社長 経沢香保子 blog

Tag育児


最近、自分の経営についてとっても役に立った出来事は2つでした。

一つはいま旬な12人の経営者と「経営合宿」をしたこと。

21

ひたすら経営のゲームで競ったり、キャンプファイヤーを囲んで語り合ったり、そして、行き帰りのバスもみんな一緒で、いろんな意味で刺激になりました。

あとは、某人気俳優の方とお話ししたことです。彼は将軍やリーダーの役が多いので、その役作りやプレゼンなどで意識していることを教えてもらい、大変感銘を受けました。


そんなことを女性起業家サロンに共有しています。興味がある方はぜひ!

他にもサロンでは経営に役立つ情報、以下のような真面目なものから、会食に適しているお店リストなどの共有なども。


また、サロンに入るまでではないけれども、経営や起業に興味があるという方は、毎週無料で配信しているpodcastの番組がありますので、ぜひ、ダウンロードして見てください!

2017-09-16-16-00-09

いままでこんな話をしています!

2017-09-16-16-01-16



こんな感想いただいていて、とっても嬉しいです。これからも頑張りますので応援してください。






ママだって、たまには休みが欲しい!

だから、いま、キッズラインでは、みなさんのご協力をいただき、
ママに毎週お休みをプレゼントするクラウドファンディングをやっています。

お休みGETのママたちが続出です。

↓  ↓


みなさん、この動画ご存知ですか?




共感した人は、ぜひ、私たちの活動に協力してください。

14


たくさんの著名人の方が参加してくださっています。

ベストセラー作家の本田健さん

顔出しNGにもかかわらず今回は顔出しで、、、

image

家入一真さんとけんすうさんも

2017-07-25-14-45-13

クラウドワークス吉田さんも

2017-07-28-11-12-37

ビリギャルコンビ。坪田先生とビリギャル本人も

2017-08-02-13-28-31


あと7日、ぜひ皆さんも、日本のママと子供の笑顔を増やすご協力をお願いいたします!

みんなで作るママのノー残業デー

https://camp-fire.jp/projects/view/36374



キッズラインがVERYに掲載いただきました!

23

実は、サービスを立ち上げた時から『VERY』掲載は夢の一つでした。

なぜなら、VERYさんに掲載された時、キッズラインが、ママにとって罪悪感を感じず、おしゃれなライフスタイルの定番となるきっかけになるのではないかと思ったからです。


実は、サービス立ち上げてしばらくして、無理やりVERY編集部におしかけ、取材をお願いに行ったことがあったんです。


その時は、まだまだVERYさんもピンとこなかったようで「わざわざシッターさんに頼むより、身近なおばあちゃんかなと思います」というような会話で前に進まず。。。
熱弁ふるう私は、広告掲載をお願いする立場だったのに、お時間とらせて申し訳ないととぼとぼ帰りの道についたのです。


それから2年、今回は先方から取材依頼が!


多くのシッターさんやお客様のおかげで、少しづつ少しつづですが、広まってきているのかもしれません。



私は、26歳で起業した時から、日本の女性の生き方をもっと自由に楽しく、カッコよく自立できるよう、それをサポートする事業やサービスを提供していくのを目標に一歩一歩前に進んできました。


いまは、チームキッズラインの素晴らしい仲間に囲まれて「キッズラインを日本の新しい育児インフラに」「日本に新しい育児の選択肢を」広めることで、ママと子供の笑顔を増やしたいです。これからも頑張りますので、応援いただけると嬉しいです。



私たちのサービス1時間1000円〜スマホで呼べるベビーシッター「キッズライン」https://kidsline.me/


こんなプロジェクトもやってます!






久々に美容ネタなぞ。。。

みなさん、突然ですが、復元ドライヤーって知ってますか?

じゃじゃーん、こんなやつなんですけど

2017-08-31-11-50-39

2017-08-31-11-52-31

これが、すごいんです!

あまり美容やファッションに興味がない私が最低限やっているのは、
髪の毛はできるだけツヤをだすこと。

(もっとも簡単に、キレイ系になれる方法だと思ってますw)

私は数々の「いい」と言われるドライヤーやコテを使ってきましたが、

これ、「復元ドライヤー」の名に恥じないほど、わらっちゃうほどサラサラ・ツヤツヤになります。

数ヶ月前にいった断食道場で置いてあったドライヤーを無意識に使って、髪の毛があまりにもサラサラになって、断食の成果かな、と思って、お店の人に聞くとどうもドライヤーが理由だったそうです。

それで、ネットで調べるとやっぱりすごい人気みたいで、数ヶ月待ちだったのが、

最近はアマゾンでも買えるようになったので、先日思い切って購入!


image

いやーー、ほんとすごくてびっくり!


近年の美容家電の進化ってすごいです。 
今まで使ってたドライヤーは感謝の気持ちでメルカリに出したら瞬間で売れました!

髪の毛でお悩みの方はオススメです。(体感値は人それぞれかもしれませんのであらかじめご了承ください、私はすごかったです)


(感動した商品をブログに書くと、宣伝でしょうか?と聞かれることがありますが、これはあくまでも個人の使用感であり個人的に超感動して書きました。)


あと、髪の毛つながりなのですが、

ママになると、なかなか髪の毛を綺麗に保つのって難しいですよね。
上記のドライヤーもオススメですが、

ママにはたまにはリラックスしてほしい!

というわけで、いま、キッズラインで今月末まで、以下のキャンペーンをやっていて、1回キッズライン利用体験ができるんです!




ゆっくり過ごされ、心も髪もツヤをだして、輝いていただけること、心よりお祈りしています!



一生懸命勉強をして、いい学校に行って、大企業に入る。という昭和の成功の方程式みたいなのって、崩壊しつつあると思う。受験で養われるちからの大半は、「我慢力」な気がするし、「我慢力」が差別化になる仕事も、世の中が便利になっていけばいくほどどんどん減っていくかと。

経済成長が今までのやり方では伸ばせない時代には、新しい発想や、競争よりも、人との協力が欠かせない。

だから、むしろ、好きなことをみつけて、一生懸命夢中になってるうち、仕事だかなんだかわからない感じで楽しんでると、人を巻き込んでうまく行った! 的な人が増えていると思う。

そういう人は、周囲の協力に対して感謝の気持ちがあるから人気だったり、「いやいや、ただ、好きなことやらせてもらってるだけなので」という謙虚さで人望も集めるし、何よりも本当に好きなことやってるからストレスがたまらず周囲に優しい、という、よい連鎖になっているような気がする。

最近だとよくお会いする家入一真さんとかがまさにそうなのかも。

世間体とか、過去のやり方とかに縛られていると時代の進化に追いつけないのが現代社会なのかもしれない。

育児とか仕事とかまさにそうだな、と。


我慢してやってる人は辛そうだし、辛いのを我慢してるから周囲にも同じ我慢を求めてしまったり、よくない場合はストレスを弱者に向けてしまうのだと思う。

もっともっとみんな社会の便利さを享受して、ありがたく思って、好きなことをやれたらいいのにな。「それぞれが好きなことで暮らせる社会」にしていきたいと思います。

まず、私たちは育児の我慢を減らしたいし、育児のプロが輝く社会にしたい。


こういうの凄く嬉しいです。


そして、とはいえ、そんなに言われても、我慢しなくていいって言われても、本当にいいの? どうしていいかわからない、きっかけもないし、、、というママのために、まず週1回は自由に過ごしてほしいと思っていて、

#ママのノー残業デー

という活動をしています。

14

これは、日本の未来である子供達を一生懸命育ててくれる、ママたちに感謝の気持を込めて、週に1回自由な時間を過ごしてほしい。そのために、1ヶ月分のシッター代金をみんながプレゼントしますよ!という活動です。

この活動に協賛して、寄付してくださった方がたくさんいらっしゃいます。

あの、本田健さん

image

そして、キャンプファイヤーの生みの親である、家入一真さんと、ネット業界で活躍しイクメンでもあるけんすうさん

2017-07-25-14-45-13

さらに、小学校4年生の学力から一気に慶応現役合格した、ビリギャルの小林さやかちゃんと、その師匠である坪井先生

2017-08-02-13-28-31



一緒に動画もとってみた!



吉田ではなく、本田のような、日本一の会社をめざし、働き方革命を推進する、クラウドワークスの吉田社長も

2017-07-28-11-12-37


みなさんのおかげで、開始10日ほどで、なんとなんと100万円のママへの応援の気持ちがあつまりました!

みてください!!! 本当にありがとうございます!!!

13


この集まったお金を、順次、50世帯のご家庭に「#ママのノー残業デー」を導入する活動をキッズラインでは始めてきます。

目標金額300万円で、引き続き、150世帯のご家庭をハッピーにすべくこれからも活動してまいります。

どうぞ、みなさんも参加してください。

■みんなで作る #ママのノー残業デー
https://camp-fire.jp/projects/view/36374



もし、もし、もし、上記に参加できないとしても、以下の動画だけは、すぐ終わりますので、ぜひぜひ見てほしいです。世界中が心ふるえた2千万回以上も再生された「世界で一番大変な仕事」



私たちキッズランは、今後もさまざまな活動を通じて、日本をもっともっとハッピーに、子供とママの笑顔を増やして行きます。どうぞ、これからも引き続き応援してください。


==ご協力いただいた方の素晴らしい著書を一部紹介させてください。

■本田健さんの新刊。めちゃくちゃよかたです。インスピレーション湧き上がる本です。

決めた未来しか実現しない
本田 健
サンマーク出版
2015-11-26


■都知事選のくだりは、心が震えます。



■こんなママになりたいって心震えます。



ぜひ、映画でも見てほしいと思います。





↑このページのトップへ