キッズライン社長 経沢香保子 blog

Tag育児

最近、反抗期がない子供が約半数で増加傾向という記事を読んで、

「半数」が多いのか少ないのか、最初は、あまりピンとこなかったです。

なぜなら、私が反抗期がないまま育って今に至るからです。

===

私の場合は、反抗期に、決して反抗する心がなかった訳ではありませんでした。

「あれしたい!」「これしたい!」「父親のこの意見は理不尽だと思う!」

そんな思いは強く強く、本当に強くありました。

でも、あまりにも厳格な家庭で、ルールが明確な家に育ったので、反抗心をだしても無駄だといち早く悟りすぎて、反抗期にもテロ行為にも走ることなく、

「早く自立して自由に生きたい」

という気持ちと自立のための計画をムクムクと心に育ててたのです。小学生の頃から、いろいろな人生計画を人知れず考えていて、いま、現実はそのとき思い描いたものに大変近い気がします。

===

ただ、反抗期って本当は凄く大切だったんじゃないかと、最近は強く思うようになりました。

というのは、反抗期がないという私は、どちらかというと、親の求める優等生的な生き方でずっときて、そのまま、大人になっても、相手の期待にこたえるという生き方をしてきたからです。


それはずっと経営者になってもそうでした。

職業としては「相手の期待に答える」という側面から言うと私の天職なのかもしれません。



でも、同時に、「周囲の期待に答える」その気持ちが強すぎると、人の分までの荷物を背負い込んでしまったり、相手が求めていないのに、相手のために努力し続けたり、パートナーに、実は本音が言えなかったり。。。。

それが、行き過ぎると、いい子のなれの果て、恨みや怒りを発酵させるというマイナスも発生すると思うのです。

===

なので、

人生を自分らしく、自由に生きていこうと思うとき、
多少の反抗心は必要で、反抗心こそが、クリエイティブな生き方の源でもあると思うのです。


いま、私の反抗心は、事業にクリエイティビティを注入することで、発揮することが出来てバランスを保っているのだと思いますが、

ここに来るのにいろいろとあった手前、

大人になってからの反抗期も、悪くないのではないかなーと最近思います。

反抗期を迎えたら、いつかきっと、自分の場所が見つかる気がするからです。

反抗期からはじまる自由な人生ってあるんじゃないでしょうかね。

また、反抗心を上手に表にだすこと、相手に伝えることで、自分らしいままで、周囲と付き合えるように思います。そういう人間関係の方が長続きしますよね。

ふと、以下のはあちゅうの記事を読み返して、つれづれなる心境を書いてみました。





すべての女は、自由である。
経沢 香保子
ダイヤモンド社
2016-04-25









キッズラインでは、日本に育児の選択肢を増やすべく、政府への働きかけもしています。

保育園も素晴らしいですが、保育士によるベビーシッター育児も選択肢になればと。

潜在保育士さんも復職しやすく、待機児童問題がなく、土地取得もいらず、税効率もいい、そんな「ベビーシッター育児」も当たり前になればいいなーと思っています。

現在、弊社では、待機なし、送迎なし、手ぶらでOKのキッズライン保育園で実施しています→https://kidsline.me/information/kidsline_nursery 


上記のような、現状の活動をお伝えするようにしています。
先日の自民党IT部会への提言に引続き、


今回は「こども保険」を提唱されている、小泉進次郎さんを訪問。

2017-04-14-16-51-53

日本のこれからの育児の在り方について議論しました。

こども保険の必要性などを情熱的に語っていただき、また、弊社のキッズラインの活動についての理解やアドバイスを頂きました。

2017-04-15-19-59-36

いつも、弊社のスーパーな藤井聖子さん(以下写真左)が作成した完璧な資料を携えて

2017-04-15-20-02-52

キッズラインのユーザーの皆さんおかげさまで、そして、その思いを背負って活動しています。

2017-04-14-16-51-56


大変有意義な意見交換ができたと思うのですが、何よりもびっくりしたのは、

進次郎さんが、議員会館で顔を合わせるなり、

「あ、経沢さん、G1のエレベーター前でご挨拶した以来ですね!」

と・・・オオーw(*゚o゚*)w w(゚o゚)w オオー!


なんで、そんな瞬間に挨拶しただけなのに、しかも、3年前が最後なのに、そしてそして、こんなややこしい名前を覚えているんですか?!

友人に聞いてみると、進次郎さんの、お名前を覚えるスキルって相当天才的のようです。

私は仕事柄、多くの魅力的で人気のある方にお会いしますが、その度に、学ばされること、感動すること多いですが、

進次郎さんは一日にお会いされる人数だってすごいのに、3年前にあった、私の最終データベースがちゃんと残っているなんて、驚きすぎました。

人気がある方の、人の心をつかむスキルは驚異的

「こども保険」の内容も感動しましたし、進次郎さんの情熱と魅力にも驚いた一日でした。

というわけで、私もこれからもっともっと日本に貢献できる人間であり、会社であるべく頑張ろうとエネルギーを頂きました。

1時間1000円〜即日予約手配も可能なキッズラインともどもどうぞ宜しくお願い致します。



余談・・・

お父様も、お話が面白くて、イケメンです。

image

こんなキッズラインを支えてくれるアプリエンジニアを募集しています!


キッズラインとは、スマホから24時間、1時間1000円〜即日も予約手配可能なベビーシッターサービスです↓




ありがたいことに、1時間1000円〜即日も予約手配可能な
ベビーシッターサービスキッズライン、開始2年たち、おかげさまで口コミで高く評価頂いています!

「キッズラインって?」という方には、以下の体験者のブログがぴったりかと。
偶然みつけて感激です(書いてくださった方ありがとうございます!)


そして、以下の記事にもまとめていただいて嬉しいです!


4月になって復帰したママ・パパにとって「こどもが病気になったらどうしよう!?」という方は多いはず。

こんな精緻な記事を見つけました!(他社との比較が書いてあります)


職場復帰してきたママ達ばかりではなく、受け入れる人事や経営者の方も、
何かお悩みがあれば、以下のような「ゆる復帰」提案しています。


ぜひぜひ、お困りの方に届きますように!



KIDSLINEでは現在約800名のキッズサポーターが大活躍しています。
 
現在特に大阪・愛知・福岡のエリアで親御さんからのご依頼が増えており、
「是非KIDSLINEでキッズサポーターさんをお願いしたい!」
「いざという時に助けてほしい!」
そんな声がたくさん上がってきています。

キッズラインを本格的に全国展開するのにご協力いただけませんか?
あなたの保育の経験や育児経験を活かして楽しく働けます!

12



現在既に、

・元保育士、元幼稚園教諭の方
・お子様の手が離れたので社会貢献したいという方
・空いた時間を有効活用したいという方 などなど

様々な立場の方が、それぞれの個性や強みを活かして活動しています。


ちょうど昨日、初めての報酬が振り込まれた、サポーターさんのBlogを発見!


そして、なんと先日、キッズラインではたらくサポーターさんにアンケートしたところ

「働き方満足度が100%」

でした!



■キッズサポーターの特徴

・時給が自分で設定可能です!
・ご自身の空いた時間で活動可能です!Wワークも可能!
・1対1でお子様と向き合えます!
・Wワークで月5万以上、フルタイムで月30万円以上の方も多数!

image


しかも、登録して1週間以内にお仕事が来た人がほとんどなんです!
全国のママ達に強く求められている仕事です。





■募集要件

【必須要件】
✓大阪府、愛知県、福岡県での勤務が可能な方 
✓お子様が好きな方
✓3時間以上のシッティングに週に2回以上入れる方

【歓迎するスキル・経験】
✓育児経験もしくは育児を手伝った経験、家庭教師経験
✓各種資格保有者(保育士、看護師、チャイルドマインダー、教員など)
✓特定分野のプロフェッショナルな知識
(リトミック、英会話、ダンス、絵画、バレエ、プログラミングなど)


■活躍するキッズサポーターさんの声

<元保育士の方/時給1900円>

保育士としての7年間の勤務の後、フリーのベビーシッターに転向しました。
不安はありましたが、結果的に勤務時間は短くなり、収入はアップしました。
私にとっての一番のやりがいは、親御様からの「助かりました」という声。
大好きな保育に自分のペースで関わることができ、本当に嬉しく思っています。

<専業主婦の方/時給1300円>

ベビーシッターの仕事は、私が育児で経験してきた悩み、
ノウハウのひとつひとつを活かせますので、とてもやりがいを感じています。
「私は育児しかしたことがない・・・」という方、育児経験はスキルです。
また研修もあるので安心して働くことができますよ。
ぜひチャレンジしてみてください!


■応募フォーム

ご興味をお持ち頂いた方は、以下の応募フォームよりお申し込みください。

※選考通過後のご登録、お仕事開始となります。あらかじめご了承ください。


お子さまが大好きで保育に対して熱意とのある方、是非是非お待ちしています!

ベビーシッターとしては働けないけど、
在宅ママとして、
キッズラインの全国展開をお手伝いしてくださる方は
以下ご協力お願いします!





どベンチャーなので、自ら、営業にも行くし、提携交渉にも行く。

でも、私は仕事が大好きだし、自分の仕事は社会を変えるためにやっていると確信しているので、

果敢にいろいろな企業にお話しと一緒に仕事をさせていただこうと、お邪魔させていただいています。

今日は、日本のネットインフラ企業、Yahoo!さんとメルカリさんに。


まず、Yahoo!さん。さ・す・が

2017-03-08-18-59-24
2017-03-08-18-59-24

紀尾井町に移転されてはじめてですが、凄いオフィスでした。

2017-03-08-18-59-24

社食までごちそうになってしまい

また、ついついみてしまう、会社のペットボトル

2017-03-08-18-59-25


もちろん、そのあとお邪魔したメルカリさんでも、思わずみてしまいます!

2017-03-08-18-51-42


メルカリさんでは、あの小泉さんまで出てきてくださって(感激)

2017-03-08-19-13-26

Yahoo!さんとは以前から連携したいとずっと思っていたことが叶い、

メルカリさんはヘビーユーザーだから、会社にお邪魔できて、熱心にお話きいてくださって、感激でした。


私たち、キッズラインは、まだまだ一合目だけれども、


クロネコヤマトがあったから、日本のECが発展した
というように、

キッズラインがあったから、日本の女性活躍が進んだ

といわれるように、まだまだコツコツコツコツ頑張ります!


今日は、日本テレビのスッキリにも取り上げられ


配信したプレスリリースもおかげさまで好評でした。


引き続き、

日本にベビーシッター文化を

待機児童の一日も早い解決を頑張ります!










↑このページのトップへ