キッズライン社長 経沢香保子 blog

Tag英語


会社に突然「香保子さんいますかぁ〜!」と来訪者。

(ビビる社員たち・・・)



去年フィリピンに英語留学したときに、一番印象に残っていた「Ryohei!!」

リョーヘイは、弁理士でふむふむな話が多かったからです。


で、彼は、同じ英会話のクラスで、私が、拙い英語で一生懸命「Creating babysitting culture in JAPAN!!」とか「Change the future‼︎とか情熱的にいってたんです。


ただ、一生懸命情熱を込めれば込めるほど「なんか、怪しい女性?!」って思ってたみたいで。。。(そりゃそうですねw)


ただ、帰国後、ある日突然テレビで私をみて「あーーー本当だったんだ KAHOKO!!!」と連絡をくれたという経緯です。


テレビがなければ私はただの怪しい人でした。

マスコミのみなさんいつも応援してくださってありがとうございます。


りょーへいは、帰り際に「フィリピンでも日本でもkahokoさんにあうと元気になります」といってくれてよかったですw










どうでもいい話なのですが、

ふとネットサーフィンしていると、上戸彩さんの舞台挨拶の様子が、

以下の記事に

http://news.mynavi.jp/news/2017/06/10/083/

クリックすると、当然、めっちゃ美しいのですが!

32

あれ、あれ、あれ?

2017-06-11-13-16-16
2017-06-11-13-16-15
2017-06-11-13-16-16


先日の女性起業家サロンでのイベントで、私がきていたワンピース。。。

w(゚o゚)w オオー! (つд⊂)ゴシゴシ Σ( ̄ロ ̄|||)


そのサロンで一番、盛り上がったネタが、

「女性社長は数字が苦手すぎる。
経営を数字で語れる女になったほうがいい!」


という話で、




(もちろん、サービスあっての会社なので、サービス力にも徹底していますが、売上と利益がないとサービスも継続していけないので)

私は毎日KPIを体にたたきこませて、目標達成のために数字を朝、改めて自分でエクセルに記入し直すくらいやって浸透させているのですが、

そんな、弊社ではあるのですが、
ここ数日「キッズライン」検索流入してくださる方が一気に増え、ありがたく、原因究明中なんです。
ここ数日、毎日リリース配信させていただきましたが、それでもない動きなような気がして、、、
どこかで知らずに取り上げていただいたんじゃないかと、ありがたく感謝している次第 でございます。

みなさま、いつもご支援ありがとうございます。

さく



35


日本から病児保育問題を無くしたい、みんなで病児をあんしん解決したい

こちらの活動もどうぞよろしくお願いいたします!
https://kidsline.me/information/byouji





月刊「経沢香保子の本音の裏側」というマガジンを発行させていただいていて、

(有料なのですが、それぞれの記事も単発でお読み頂けます。)

4月から始めたこのマガジン
おかげさまで、毎月毎月読者の方が増えてくださり、
ありがたいことに、半年が経過しました!!!!!


一時期は以下のような事で悩んだ事もありましたが、


読者の方に励ましていただいて、気づくと半年!

本当にありがとうございます。


10月を振り返って、人気記事のランキングをまとめてみたいと思います。


第1位

やっぱりみなさん英語勉強には関心があるんですね・・・


第2位


すべての幸せも、不幸も、人間が運んでくるので、やはり、こちらは関心が高いのかもしれません。


第3位


お金の話は関心が高いテーマですね。株式投資と投資している銘柄について書いた記事は人気でした。
先月も販売多かったですが、10月の第3位になりました。


第4位

時間の大切さは、誰にとっても同じようで違うし、
時間の価値を既存されたときの憤りを思わず書いてしまいました(苦笑)


第5位

第5位は同率で3つあります。多くの女性が共感してくださった内容のようでした。「不安」に陥る思考回路について書いたものが人気でした。



あと、同率で「体重」の話。


上記に関連しますが、自己管理の大切さについて書いた記事も同5位でした。



引続き、月刊マガジン『経沢香保子の本音の裏側』

真夜中のシャドーボクシングのようにリアルな奮闘記を綴っていきたいと思います。

みなさんの元気や勇気になるような内容でがんばりますので、どうぞ引続き、宜しくお願い致します。

56
09







なんとか45歳の誕生日までに、英語ペラペラになろうと苦心している私。

ペラペラになるには、常日頃から英語を使うに限る!

というわけで、みつけましたーーーーー


以下、右の写真、新入社員のよしえちゃん

11


よしえちゃんは、バイリンガルで女子大生の時、キッズラインで大人気シッターさんとして活躍していました。

このたび、無事大学を卒業し、キッズラインに入社。日々日々がんばってお仕事をしています。

で、ある日、突然、私は思いつき、

「よしえちゃんの、重要ミッションは、(社長の)私が英語をしゃべれるようになること。

というわけで、

今日から、私とよしえちゃんの共通語は英語でお願いします!」


というわけで、毎日よしえちゃんに、たどたどしい英語で話しかけ、仕事の打合せも英語で、

電話もよしえちゃんがでたら、英語。

「Please connect to ◎◎ちゃん!!」


などなど

まあ、周囲はぎょぎょぎょとしてますが、世界で戦える会社にしないと。

という、和気あいあいとした、我が社キッズラインでは仲間を募集しています!












英語ペラペラだったらかっこいいのに!

2016-10-23-16-37-35

でも、英語のマスターって、とってもとっても、遠い道のり
。。。

私は、TOEICうけたり、たくさん塾に通ってみたり、オンライン英会話やったり、

しまいには短期英語留学したり。。。いろいろと試行錯誤して、

結局、ネイティブにはなれないから、どうしたものかと。


(あ、そういえば、今までで一番心揺さぶられた英語の教材は以下でした。)




他にもいろいろと手を変え品を変え、試行錯誤したのですが、そんななかで、ふと気づいた、

「そっか、目標しぼればいいんだ」

「私は、なにか海外進出のきっかけが欲しいんだ」

「だったら、こうすれば海外進出のきっかけ掴める英語になるかも」


と、思って、実践した事を

月刊マガジン「経沢香保子の本音の裏側」(一部有料)に



苦心している「英語勉強方法」について、3本ほど記事を書きました。

(有料記事の紹介で、不愉快に思った方いたら、ごめんなさい)




その結果、

2016-10-23-16-40-22


なんとか、英語でキッズラインのプレゼンが出来るようになりました。

(日本語バージョンのプレゼンはこちら


↑このページのトップへ