キッズライン社長 経沢香保子 blog

Tag起業家


26歳で起業してから、いまはそうでもないのですが、以前の会社の

最大の悩みといえば、男性幹部の採用が難しかったことかもしれません。

でも、自己成長する組織を作るには、男性幹部も欠かせません。それを乗り越えて、そこから、組織が成長し始めました。

男性がエンジンとなり、女性が発想や潤滑油となり、両方の存在が相乗効果を出すサイクルに入るからです。

ですので、今回の会社、キッズラインでは男女比率を5:5を当初より意識しています。

===

でも、女性社長の会社は、どうしても女性社員が集まりやすい傾向があるような気がします。

いいとか悪いとかではなく、バランスの問題になります。

それは、女性たちが、いま所属する会社組織の成り立ちが、男性目線ばかりで不満を感じたり、妊娠出産などに理解を得難い社風なので、場所を変えることで「共感」をもとめていたり、一般的に不在と言われている「女性ロールモデル」を求めてやってくる場合が多いからです。

ただ、会社は「共感」や「理解をしてもらいたい」という姿勢では、成長、発展し続けなくて、十分にお客様の役に立てないのです。

課題を突破したり、売上を拡大したり、利益をだしたり、「狩猟」の要素はかならず必要だからです。


==

女性起業家サロンでも「マネジメントがうまくできない」の悩みがよく寄せられますが

その奥には「社員が言うことを聞いてくれない」というのがぼんやりセットかもしれません。

での、その原因のほとんどの場合「毅然とした態度が取れない」という理由な気がします。

方向性が明確じゃなかったり、指示が曖昧だったるすると、もちろんできませんし、

やっかいなのは、男性社長や男性上司よりも、「女性だから感情的」「女性だから結果より調和」を大事にすると思われてしまいがちな部分もあります。

なので、それを逆に逆手に取らないといけません。

女性社長の良い意味で「暖か」さは残しつつ「毅然とした強さ」を「理論性・客観性・具体性」をもって、うまう表現していけるかどうかは、女性リーダーや女性社長の分岐点なのかな、と私は思っています。

私自身が、自分より優秀な、男女ともに採用できるために心がけているのは、


・志と目標は大きく
・会社を一流にするとフルコミット
・数字で語れるようにする
・必ず結果を出す


まだまだなところもあると思いますが、とにかく「この人について行ったら、必ず勝てる」という、水飲み場に対する嗅覚と、結果にコミットする社長であるよう取り組んでます。

というわけで、男性幹部もエンジニアも大募集中です。

以下の記事が大好評中でした。


どうしても、「育児」という分野と「女性社長」という存在で、女性ばかりの会社との印象を持たれがちですが、

弊社は「テクノロジーを使って社会を進化させる会社」
開発力と発想力を掛け合わせて、非効率を効率にしたり、新しいマーケットを作ったりしながら、これからも社会を進化させる事業を次々やっていきます。

活躍する男性がとても多いので、これからも特に男性社員との対談記事どんどん出していく予定です!

09
 ↓  ↓
https://www.wantedly.com/companies/colorsinc/post_articles/65923



23
 ↓  ↓
https://www.wantedly.com/companies/colorsinc/post_articles/64684














このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


知人の経営者が、メルマガに
こんなことを書いてくださいました。

すごく嬉しいので、ご本人の許可をとって、転載させていただきます。

====

4,5年前に、

「これからは、社会貢献するために
ビジネスをする」

と、言い出したとき、

多くの人に鼻で笑われました。

あるいは、ドン引きして
サーッと私から離れていくのが
分かりました。

あるいは、親しい友人には
心配されて、

「大丈夫?何かあった?」

と、心配そうにおでこに手を
あてられました。(おでこは嘘)

先日、10年来の友人が当時を振り返って

「社長が社会貢献とか言い出したときは
ヤバイ世界に足を踏み入れたと思った」

と言われました。

そもそも、なぜ、

「社会貢献とか
世の中の役に立ちたい」

という動機でビジネスを
するようになったかと言うと、

ひとつあるのは、

「私の器が小さかった」

のだと思います。

なぜ、そう思うかというと
周りの経営者の人たちよりも

自分のためや
お金のために

頑張れなくなるまでが
早かったように思うのです。

器が小さいので、早々に
自分のために頑張ることが
できなくなりました。

そして、

なぜ、周りの人たちと
話が合わなくなったかというと

ほとんどの経営者さんは

「お金という物差し」

で、ビジネスをしています。

会話のほとんども

「こんなに売上があがった」

「こうしたら、もっと売れる」

「あんなに儲けるなんてすごい」

みたいな話をしています。

それが、悪いというのでは
ありません。

もちろん、私もそういう話を
します。

ただ、そのような人たちに

「社会貢献したい」

とか

「世の中の役に立ちたい」

とか

「社会を良く変えたい」

という発言をしても
全く刺さらないのです。

そういう物差しを持っていないので
興味がないのです。

そして、

「何をキレイゴトを」

と言われてしまいます。

・・・・・・・

さて、そうして

・お金儲けのためではなく

・世の中に役立つために
・世の中を良くするために

という動機でビジネスを
始めようと思ったのですが、

正直、どうしていいか
分からない部分もあり
身近なところから始めました。

それが、

ミャンマーのプロジェクトだったり
女性の社会進出を研究する
北欧視察のプロジェクトです。

そして、

起業について教える講座も
なぜ、自分たちがそれを教えたいのか?

そして、その事でどう世の中に
貢献していくのか?

という軸で情報発信を
するようにしました。

実際に、そのように考えるように
なってから、

モチベーションで悩むことも
少なくなり、

お客さまに喜ばれるので
とてもやりがいも
感じるようになりました。

そして、

幸いな事に、

少しずつ、世の中でも

儲けるためだけではなく、

社会の問題を
解決するために
ビジネスをしたい。

社会を良くするために
貢献するために
ビジネスをしたい

と、考える人も増えてきました。

そして、そういう事に
興味がある人が
少しずつ周りに集まって
くれるようになりました。

まだまだ、小さな輪ですが。

なので、私のメルマガを
ずっと読んでくれている人は
きっと、そういう気持ちの人も
多いと思います。

ということで、

もし、あなたがビジネスを
している、

あるいは、これからしようと
考えているのであれば、

ぜひ、社会貢献の視点を
取り入れて欲しいと思います。

今となっては、

「そっちの方が、絶対にいいよ」

と言えます。

やりがい的にも
モチベーション的にも

お金以外の物差しを持って
ビジネスをした方が楽しいです。

そして、今、抱えている問題、

例えば、

集客やセールスや
モチベーションについても
解決策は実はここにあるかもしれません。

振り返ってみれば、

『社会貢献とビジネスを融合したい』

というテーマをこの数年間
ずっと持ってきたように思います。

もちろん、まだまだ形に
しきれていないので
私自身も絶賛挑戦中です。

これからに期待をしていてください。

・・・・・・・

それで、今、起業している人も
これから起業しようとしている人も
ぜひ、参加をして欲しいイベントがあります。

日時は、今週土曜日の午後1時からです。

なぜ、このイベントをおすすめするかと
言うと、

私自身が、方向性を変えてから
悩んでいる事がありました。

それは、

自分と同じような社会貢献の気持ちで
経営をしている成功者の人がなかなか
見つからないということでした。

一見、貢献タイプに見えても親しくなったら
ただの策略でやっていた、という事も
あります。

なので、方向性を変えてからも

「これって、やっぱりキレイゴトで
ビジネスとしては
成り立たないのではないか?」

と不安になることもありました。

そんな中、

「自分が正しいと思うことをしよう!
やりたいと思う形で貢献しよう!」

と、迷わなくなったのは
ある人の本を読んでからです。

その方は、

経沢香保子(つねざわかほこ)さん
と言います。

経沢さんの事は、週末の朝にテレビで
見たことがある人も多いと思います。

女性の史上最年少上場記録を
持たれている女性経営者の方です。

現在は、

1000円でベビーシッターさんを
即日、予約手配できる

シッターさんとお母さんをマッチングする
キッズラインというサービスを展開しています。

「ベビーシッターを日本の文化に」

というテーマで、待機児童の問題解決や
女性の社会進出支援をされています。

その経沢さんが、主催している
女性起業家サロンのイベントが
今週の土曜日にあります。

女性起業家サロンのイベントですが
男性も参加できます。

私の中で、経沢さんはやっと出会えた
社会貢献を軸にビジネスをして
成功されている方です。

いつも勇気と指針をもらっています。

実際に、どうやって

社会貢献とビジネスを融合していくのか?

というのは、中々イメージが分かないかと
思います。

その答えは、実際に実践されて
成功されている経沢さんの話を聞くのが
一番だと思います。

また、女性の方であれば、

リアルビジネスで起業している
先輩の女性経営者に出会うのは
難しい現状があると思います。

女性が聞きたいのは

・どうやってビジネスを立ち上げるのか?

・家庭と仕事の両立はどうしたらいいのか?

・苦手なことをどのように人に頼むのか?

など、具体的な話だと思うのです。

しかし、成功されている本物の女性経営者の方に
そういう話を聞ける場があまりないと思います。

経沢さんのイベントは
以前参加した事があるのですが

経沢さんの話はおもしろく、
笑いっぱなしで、かつ、
勉強になりました。

また、コミュニティーの人も
気さくでなので、良い人ばかりです。

ぜひ、自分の新たな扉を開くつもりで
参加してみてください。

男性も女性も参加できます。

詳細はこちらです。

==============================
==========
■女性社長が日本を元気に
~本気で社会を変える女性起業家が集結~
http://kahoko.blog.jp/archives/1066307374.html
========================================



追伸:

経沢さんの本でおすすめなのはこちらです。
Kindleなら99円で読めます。

『ベンチャー魂は消えない』:
https://www.amazon.co.jp/dp/B019WLLO16/


==

以上、引用させていただきました。

社長、ありがとうございました!

私が、いま、一番頑張っているのは、日本から病児保育問題をなくすことです!

ぜひ、みなさん、以下、必要な方に届けていただければ嬉しいです!

キッズラインは、病児保育の際のシッターの数と質をパワーアップし、システムも便利にして、

6月中は、どなたさまでも病児保育の無料体験ができるようにしています!

↓  ↓



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


先日、おかげさまで誕生日を迎えた私です。



たくさんのみなさんにお祝いしていただいて心から感謝です。
さて、私の人生の目標ですが

・120歳まで毎日楽しく生き抜くこと

そのために、私と一緒にいる人は、人生が良くなるような、プラスな人間でありたい

・たとえ、大きなお力になれなくとも、私と一緒に過ごす人は、笑顔でいれるような存在

そんなふうに、人も自分を大切にできる人でありたい、できれば、周囲のみなさまの人生にプラスの存在でありたい。

そのために、自分の強みを思いっきり磨きあげたいと同時に、自分の弱みはしっかり補強していきたい。もっともっと。才能ばかりではなく、人格を磨きたい。才は人としての在り方の上にあってこそ、正しく発揮できると思うので。

また、起業家としては、

・社会を進化させるインフラをつくれる経営者でありたい

・そのために、キッズラインをクロネコヤマトにしたい
(ヤマトがあったから日本のECが進化したように、キッズラインがあったから、日本の女性が輝き、子供の笑顔が増えた)

短期的な目標、今年、来年は、

・今年、来年と、仕事全開モード! 受験生のように仕事したい。

・キッズラインを社会のインフラにするための基盤強化

・そのために、全国展開、認知度アップ、各種連携など、精力的に活動をしていく




そんな風に、人生も経営も長期的に見据えて、しっかりと丁寧に創り上げていきたいです。


ともに、キッズラインをインフラにして下さる方、仲間になって下さい。



そして、GWにお時間のある方は、以下の本は読み放題で無料、もしくは99円で、あっという間に読めます。



こちらも大好評ですので、宜しくお願い致します。



すべての女は、自由である。
経沢 香保子
ダイヤモンド社
2016-04-25



キッズライン、まだ使ったことがない方は、以下、ご活用下さい!








このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


直近で開催が決定されている2つの講演についてお知らせさせていただきます。

まずは日本一の起業家コミュニティのパッションリーダーにお招き頂きました。

ここは凄いです! ネットワークもできるだけではなく、過去の講演者も凄いです。

今回、4年ぶりに呼んでいただき、自ら上場した会社を退任して、苦悩しながらも2回目の起業に向けて再起し、現在の取り組みや今後の展開について、あの近藤さんと対談します!


私の講演のみならず、起業家の方は素晴らしいネットワークや出会いもあると思うので、ぜひ、奮ってご参加下さい。

===

以下はどちらかというと女性向けかな。無料で参加できるトークショーです。

6月21日です。


会場でみなさまにお会いできるのを楽しみにしています!


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


先日以下の記事をよみ、なるほどな〜と思いました。


■「有名税」が高くなりすぎている
■売れっ子芸能人が相次ぎ引退している理由
http://toyokeizai.net/articles/-/162569


上記は、最近の傾向として、堀北真希さんを始めとする、最近芸能人が突然、引退してしまう流れについて、書いてありました。


一部骨子を引用すると、

・スキャンダルに対する人々の目がだんだん厳しくなっている

・芸能人であることがビジネスとして割に合わなくなってきている

・将来への漠然とした不安が広がっている社会では、人々は自分の未来を追いかけるよりも、先を行っている人の足を引っ張ることにとらわれがちになる

・芸能人が「有名税」の支払いを逃れる唯一の方法が「引退」

・芸能界が今後も栄えていくためには、有名税のさらなる高騰を防ぎ、芸能人の立場を守るような何らかの対処が必要


レベルは違いますが、ふとおもったこと。

起業家というのは芸能人ではありませんが、

今の時代、起業家や個人でビジネスをする人は、

SNSなどで発信をしていき、発信力を持つことは一つの有効ツールでもあると思っています。


でも、それを活用するならば、

「プチ有名税」というのがあることを認識し、

ある程度、覚悟、および予防しておく必要があると、私は思っています。


特に、女性達は無防備で、プライベートを晒すことが、総じてプラスになると、あまり意識せずにやって後悔する人もいるかと思い、、、


具体的な経験と、そこから試行錯誤してたどり着いた有効な対策については、

オンラインサロンの女性起業家サロンに書かせていただきました。


そして、書きながら、ふと思ったこと。

「一番 有名税が高いのは、政治家」

なのではないでしょうか?


他人のプライバシーというのは面白おかしく感じてしまうことは誰しもがあると思いますが、

時と場所をわきまえて、誰もがプライバシーを尊重し合える上品な社会になるといいなーと思います。

というか、せめて、プライバシーを、不当に、権力争いや、自分のエゴのために活用することは

正統な手段ではない、そんな、認識がひろがればいいなーと、個人的には思います。



■100名を超える「本気で社会をかえる女性起業家」が参加するオンラインサロン

https://synapse.am/contents/monthly/woman_kigyou_salon



*ソーシャルの画像は以下より

https://pixabay.com/



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップへ