キッズライン社長 経沢香保子 blog

Tag魅力


最近読んで面白かった本2冊。


先日「魅力をどうやってつくるか?」という質問を受けて、以下のブログを書いたのですが、


■魅力ある人の5つの特徴
http://kahoko.blog.jp/archives/1066492978.html


その後、ちょっと勉強しようと思って購入した本。

キンドルで「魅力」と入れた時に出て来て心惹かれた本。





オバマがなぜ選挙で勝ったのか、ヒラリーはどのような印象操作ができたのか、
また、女性リーダーがなぜ増えないのか、という分析は興味深かったです。

==

あと、もう1冊は、戦略PRの本。
キッズラインは社会を変えるための事業だけど、「ベビーシッター」という馴染みがないものをどのように「文化」にするかということを日々考えています。

そんな中で、以下の本は、大変ためになりました。

戦略PR 社会を動かす新しい6つのルール
本田哲也
ディスカヴァー・トゥエンティワン
2017-04-12


戦略PR 世の中を動かす新しい6つの法則
本田 哲也
ディスカヴァー・トゥエンティワン
2017-04-12


事例が豊富で、結局PRとは、「社会との合意形成」である、「人々の行動を変容する」ことがゴール
など、刺さる言葉がいっぱいで特に前半は頭にすらすらはいってきて、インスピレーション湧きました。


==

あと、いま、ダウンロードしていて早く読みたいな〜という本は、

最近「ヘリコプターペアレント」とか「親が内定した会社に話聞きに行く」とか、子供がなかなか精神的に成人しないことに違和感をもっていて、その謎を解き明かしたく、以下の本。





また、人生120歳までプロジェクトに参考にしようと思っている以下の本。

■120歳まで生きる人生戦略
http://kahoko.blog.jp/archives/1066445802.html





kindleがあれば、長風呂できて、本当にkindleさまさまです。

あと、以前ブログに書いたら大好評で売り切れになってしまったほどの酵素風呂、引き続き、まってます。


■最近買って大満足なもの(その1)
http://kahoko.blog.jp/archives/1063747914.html

ちょっとにおいますが、汗がどっさり、すべすべな上に、なぜかぐっすり眠れる。。。



超頑張っている、こちらの取り組みもどうぞよろしくお願いいたします!


あと、とうとう公開されました! 今更感すごいかもしれませんが、何卒宜しくお願いします。
株主優待も書いてみました!



成功者って、魅力があるから成功者だと思うのですが、
経沢さんはどう「魅せる」を意識してますか?



そんな質問をメンバーにもらって、成功者の魅力とか、一般的な魅力について考えてみました。

私はまだまだ志の途中なので、成功に向かって経営者としての魅力を高めなければいけない段階です。その視点で、皆さん温かくお読みいただければ嬉しいです)

まず、魅力あるところに、人もお金もチャンスも舞い込んでくると思うので、「魅力」って本当に大事ですよね。

そして、「魅力」って、表面ではなく深層から滲み出る方が圧倒的に強いですよね。
洋服とか地位とか外見とかの「みてわかる魅力」って、実はそれほど人は興味が惹かれないと思うのです。

すぐに終了してしまうというか、すぐにわかってしまったり、すぐに真似できるから。

それよりも
「何であの人ああなんだろう??」とか
「なんであの人はそこにたどり着いたんだろう??」


という

表面では見えないけれども、
目を凝らしてみなくてはいけない魅力
付き合ってみないとわからない魅力のほうが、
人を惹きつけてやまない魅力

んだと思います。


だから、ぱぱっと身につけられる魅力も悪くないけど、じわじわ魅力を高めていく生き方って重要ですよね。


そのために、当たり前なんだけど、経営者として気をつけているのは、

(0)魅力的な人と付き合い続ける自分でいる(これはベース)

(1)経営の基本として「必ず結果をだす」

(2)人間の基本として「自己責任で、自分の行動がもたらした結果を全部受け入れる」

(3)外見的な魅力は「心身ともに健康的であること」が基盤

(4)独自性の魅力として「本当にやりやいことをやっている」


そして本当にやりたいことをやりながらも、そのプロセスにおいては、対立する価値観も受け入れることができる。そうやって、いろんなことを飲み込みながら、社会全体を幸せにする絵を描き、実行できる。

そんなことを、以下、ツイッターや、詳細は、女性起業家サロンに書きました。





まだまだがんばるぞ〜

もしよろしければ、以下の記事も参考にしてください。










↑このページのトップへ