キッズライン社長 経沢香保子 blog

TagNPO


みなさん、ご存知ですか? 全世界には、読み書きのできない人がどれくらいいるのか?

なんと、7億9300万人もいて、

さらに、その半数以上である、3分の2は女性なんです。


私は、その世代の女性のあり方は、次世代の女性のあり方に、強く影響を与えると考えています。


もし、世界中のどんな地域の女性もが、文字を読めるようになれば、自ら情報を得ることができ、少女たちが自分の行動や決断によって、人生を切り拓いていけるかもしれない。


もし、文字を書き、遠い誰かに自分の想いや現状を伝えることができれば、その発信で世界が変わるかもしれない。


そして、彼女たちが母になれば、娘たちに学習や考え方が受け継がれていく。


だから、世界の貧困を救うには、女子教育が最短。


そんな深く共感する、すばらしい、理念に基づいて活動をしているのが「ルーム・トゥ・リード」なんです。


私も理念に共感し、活動に協力させていただいていて、来年は以前から夢の一つだった、開発途上国に学校設立させていただく予定でいます。


なんと、驚いたことに、


そのルーム・トゥ・リードの日本代表が、リクルートで大好きだった先輩の 松丸 佳穂 さんだったんです!


先日、女性起業家サロンにお招きして、対談させていただきました。



笑顔の素敵な佳穂さんですが、やはり、NPOを立ち上げるという経験は、壮絶で、素晴らしい視点、ユニークなアイディアからされていて感動しました。


12

たとえば、立ち上げ当時、NPO法人は一般的には「質素でなければならない」のイメージで、もちろんそれは大切で、念頭に置きつつ、


「参加する人、支援する人」が楽しめる場所、「素敵なコミュニティー」でないと、継続発展しないのでは? 


と視点を変えて行動を起こしたこと。


寄付の使途全てを徹底的に透明化しつつ、基本コストは圧倒的に下げながらも、


華やかな場所で(料理やワインなどもすべてボランティアや無償提供にするなど、徹底的に工夫し)参加者にとっての体験を大切にしたり、


そのほかにも、信用やブランドを作るために、オフィスの場所や、協力者などを徹底的にブランディングしていったことの工夫は大変興味深かったです。


また、活動の多くはボランティアの方々を募っているのだけれども、その時に、「その人がやりたい活動」を権限を委譲し、好きなようにやっていただくことが、クオリティーの高いアウトプットにつながるなど、ボランティア組織の作り方など、大変勉強になりました。


ほかにも、海外との仕事の仕方など、学びが多い対談になりました。


対談の全てを公開したアーカイブは女性起業家サロンで1ヶ月間公開しています。




女性起業家サロンは各種投稿が24時間みることができ、

毎月1回のリアルコミュニケーションとして対談と交流会を開催し、男性も参加できる互いに刺激し向上するための大人のコミュニティーです。




新年会もやりますので、ぜひ皆さんもご参加くださいね!




01


女性起業家サロンの参加方法はこちら

https://lounge.dmm.com/detail/558/






みなさん、「ルーム・トゥ・リード」をご存知ですか?

ルーム・トゥ・リードとは、
開発途上国の子どもの人生を、読み書きの習得と男女平等の教育機会から変えていくことを目指した国際的なNGOで、アメリカで設立されました。

そして、日本にも活動を広げているのですが、日本の代表はなんと女性なんです!
以下お写真の左の美しい女性、松丸佳穂さんです。

23915659_1531744323548488_5010112059186582597_n

しかも、リクルートで敏腕広報として大活躍されたあと、日本支社の立ち上げから、
まるで起業家のように、ゼロから少数精鋭で活動されているようです。

私は、松丸佳穂さんのことも大好きですが、ルーム・トゥ・リードの活動に心から共感し、
以下のようなメッセージも送らせていただいています。


そしてそして、今回は、様々な経緯があり、
ルーム・トゥ・リードの代表の松丸佳穂さんと、私の運営している、女性起業家サロンで対談させていただくことになりました。


今年1年間お世話になったということで、
このブログを読んでくださっている読者の皆様の中から
先着10名様無料
是非このイベントに招待させていただきたいと思います。
(年齢性別関わりません。女性限定ではありません)

ぜひ、このような方は貴重な機会になるでしょう。

・NGOなどの団体設立に興味がある
・社会貢献などの事業をやって見たいと思っている
・海外に展開する事業、海外に関わる事業をやって見たい
・リクルートでどんなキャリアを積んで、いま、活動に活かしているのか知りたい
ルーム・トゥ・リードについて知りたい
松丸佳穂さんと経沢香保子との対談を見て見たい
・女性起業家サロンをのぞいて見たい

普段聞けない話、世界的な問題に関心のある皆さんの良い刺激になるように、私頑張って引き出します!


■日時:12月14日(木曜日)
19時15分より受付開始、19:30ぴったりスタート
場所:六本木(参加者にはお伝えします)

19時半~20時半トークイベント
20時半〜21時 希望者はサロンメンバー交流



■参加方法■:
参加希望の方ぜひ、こちらのメールアドレスに

joseikigyousalon(アットマーク)gmail.com
件名は「12月14日イベント参加希望」とお書きになり、本文に


1)お名前(ふりがな)

2)所属

をご記入ください。

※応募の締め切りは12月11日(月曜)18時まで受付となります。

※定員になり次第締め切らせて頂きます。
※参加できなくなった場合、必ずお知らせください。

次の方にお席をお譲りしたいのでキャンセルは1日前までにお願いいたします。


女性起業家サロンでは、旬な経営課題をシェアしたり、起業のときの注意点や、悩みを解決したりなど、facebookグループを中心に活動しています。


また、同時に、毎月1〜2回程度のリアルイベントがあり、実際にご参加もいただけますし、その様子はタイムリーにもそのあとでも動画で見れるようになっています。


いま、入会されると、過去の対談動画も見れます!
以下は人気の対談でした。ぜひ、この機会に!

41

23517649_1519612471428340_4319033201610177499_n

23224550_1476265912470210_1488350190_o



ぜひ、女性起業家サロンも宜しくお願いいたします。
https://t.co/OHf4Yhh4bP


知人の経営者が、メルマガに
こんなことを書いてくださいました。

すごく嬉しいので、ご本人の許可をとって、転載させていただきます。

====

4,5年前に、

「これからは、社会貢献するために
ビジネスをする」

と、言い出したとき、

多くの人に鼻で笑われました。

あるいは、ドン引きして
サーッと私から離れていくのが
分かりました。

あるいは、親しい友人には
心配されて、

「大丈夫?何かあった?」

と、心配そうにおでこに手を
あてられました。(おでこは嘘)

先日、10年来の友人が当時を振り返って

「社長が社会貢献とか言い出したときは
ヤバイ世界に足を踏み入れたと思った」

と言われました。

そもそも、なぜ、

「社会貢献とか
世の中の役に立ちたい」

という動機でビジネスを
するようになったかと言うと、

ひとつあるのは、

「私の器が小さかった」

のだと思います。

なぜ、そう思うかというと
周りの経営者の人たちよりも

自分のためや
お金のために

頑張れなくなるまでが
早かったように思うのです。

器が小さいので、早々に
自分のために頑張ることが
できなくなりました。

そして、

なぜ、周りの人たちと
話が合わなくなったかというと

ほとんどの経営者さんは

「お金という物差し」

で、ビジネスをしています。

会話のほとんども

「こんなに売上があがった」

「こうしたら、もっと売れる」

「あんなに儲けるなんてすごい」

みたいな話をしています。

それが、悪いというのでは
ありません。

もちろん、私もそういう話を
します。

ただ、そのような人たちに

「社会貢献したい」

とか

「世の中の役に立ちたい」

とか

「社会を良く変えたい」

という発言をしても
全く刺さらないのです。

そういう物差しを持っていないので
興味がないのです。

そして、

「何をキレイゴトを」

と言われてしまいます。

・・・・・・・

さて、そうして

・お金儲けのためではなく

・世の中に役立つために
・世の中を良くするために

という動機でビジネスを
始めようと思ったのですが、

正直、どうしていいか
分からない部分もあり
身近なところから始めました。

それが、

ミャンマーのプロジェクトだったり
女性の社会進出を研究する
北欧視察のプロジェクトです。

そして、

起業について教える講座も
なぜ、自分たちがそれを教えたいのか?

そして、その事でどう世の中に
貢献していくのか?

という軸で情報発信を
するようにしました。

実際に、そのように考えるように
なってから、

モチベーションで悩むことも
少なくなり、

お客さまに喜ばれるので
とてもやりがいも
感じるようになりました。

そして、

幸いな事に、

少しずつ、世の中でも

儲けるためだけではなく、

社会の問題を
解決するために
ビジネスをしたい。

社会を良くするために
貢献するために
ビジネスをしたい

と、考える人も増えてきました。

そして、そういう事に
興味がある人が
少しずつ周りに集まって
くれるようになりました。

まだまだ、小さな輪ですが。

なので、私のメルマガを
ずっと読んでくれている人は
きっと、そういう気持ちの人も
多いと思います。

ということで、

もし、あなたがビジネスを
している、

あるいは、これからしようと
考えているのであれば、

ぜひ、社会貢献の視点を
取り入れて欲しいと思います。

今となっては、

「そっちの方が、絶対にいいよ」

と言えます。

やりがい的にも
モチベーション的にも

お金以外の物差しを持って
ビジネスをした方が楽しいです。

そして、今、抱えている問題、

例えば、

集客やセールスや
モチベーションについても
解決策は実はここにあるかもしれません。

振り返ってみれば、

『社会貢献とビジネスを融合したい』

というテーマをこの数年間
ずっと持ってきたように思います。

もちろん、まだまだ形に
しきれていないので
私自身も絶賛挑戦中です。

これからに期待をしていてください。

・・・・・・・

それで、今、起業している人も
これから起業しようとしている人も
ぜひ、参加をして欲しいイベントがあります。

日時は、今週土曜日の午後1時からです。

なぜ、このイベントをおすすめするかと
言うと、

私自身が、方向性を変えてから
悩んでいる事がありました。

それは、

自分と同じような社会貢献の気持ちで
経営をしている成功者の人がなかなか
見つからないということでした。

一見、貢献タイプに見えても親しくなったら
ただの策略でやっていた、という事も
あります。

なので、方向性を変えてからも

「これって、やっぱりキレイゴトで
ビジネスとしては
成り立たないのではないか?」

と不安になることもありました。

そんな中、

「自分が正しいと思うことをしよう!
やりたいと思う形で貢献しよう!」

と、迷わなくなったのは
ある人の本を読んでからです。

その方は、

経沢香保子(つねざわかほこ)さん
と言います。

経沢さんの事は、週末の朝にテレビで
見たことがある人も多いと思います。

女性の史上最年少上場記録を
持たれている女性経営者の方です。

現在は、

1000円でベビーシッターさんを
即日、予約手配できる

シッターさんとお母さんをマッチングする
キッズラインというサービスを展開しています。

「ベビーシッターを日本の文化に」

というテーマで、待機児童の問題解決や
女性の社会進出支援をされています。

その経沢さんが、主催している
女性起業家サロンのイベントが
今週の土曜日にあります。

女性起業家サロンのイベントですが
男性も参加できます。

私の中で、経沢さんはやっと出会えた
社会貢献を軸にビジネスをして
成功されている方です。

いつも勇気と指針をもらっています。

実際に、どうやって

社会貢献とビジネスを融合していくのか?

というのは、中々イメージが分かないかと
思います。

その答えは、実際に実践されて
成功されている経沢さんの話を聞くのが
一番だと思います。

また、女性の方であれば、

リアルビジネスで起業している
先輩の女性経営者に出会うのは
難しい現状があると思います。

女性が聞きたいのは

・どうやってビジネスを立ち上げるのか?

・家庭と仕事の両立はどうしたらいいのか?

・苦手なことをどのように人に頼むのか?

など、具体的な話だと思うのです。

しかし、成功されている本物の女性経営者の方に
そういう話を聞ける場があまりないと思います。

経沢さんのイベントは
以前参加した事があるのですが

経沢さんの話はおもしろく、
笑いっぱなしで、かつ、
勉強になりました。

また、コミュニティーの人も
気さくでなので、良い人ばかりです。

ぜひ、自分の新たな扉を開くつもりで
参加してみてください。

男性も女性も参加できます。

詳細はこちらです。

==============================
==========
■女性社長が日本を元気に
~本気で社会を変える女性起業家が集結~
http://kahoko.blog.jp/archives/1066307374.html
========================================



追伸:

経沢さんの本でおすすめなのはこちらです。
Kindleなら99円で読めます。

『ベンチャー魂は消えない』:
https://www.amazon.co.jp/dp/B019WLLO16/


==

以上、引用させていただきました。

社長、ありがとうございました!

私が、いま、一番頑張っているのは、日本から病児保育問題をなくすことです!

ぜひ、みなさん、以下、必要な方に届けていただければ嬉しいです!

キッズラインは、病児保育の際のシッターの数と質をパワーアップし、システムも便利にして、

6月中は、どなたさまでも病児保育の無料体験ができるようにしています!

↓  ↓



↑このページのトップへ